2013年10月10日13時00分

リニアPCM対応の『HDR-MV1』で高音質音楽PVを撮りまくれる

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

ミュージックビデオレコーダー『HDR-MV1』

ソニー(関連サイト)
●予想実売価格3万円前後(11月15日発売予定)

ミュージックビデオレコーダー『HDR-MV1』

 ソニーからアマチュアミュージシャン向けの小型フルHDビデオカメラ、ミュージックビデオレコーダー『HDR-MV1』が発表された。HDR-MV1は、重量約140gの小型ボディーに1/2.3型“Exmor R”CMOSセンサー(総画素数1680万画素)を採用し、最大フルHD(30p)のMP4動画が撮影できる。側面には2.7インチ液晶(23万ドット)を備え、モニタリングも可能と、同社の防水小型フルHDカム『HDR-AS30V』よりも使いやすい。もちろん、WiFi機能を備え、スマホでのモニタリングやNFCによる簡単接続も可能。

ミュージックビデオレコーダー『HDR-MV1』 ミュージックビデオレコーダー『HDR-MV1』

 最大の特徴は前面レンズ下に配置された120°X-Yマイク。これにより前方の音をクリアーに録音でき、普通のビデオカメラよりも高音質で集音できる。また、非圧縮のリニアPCM形式録音にも対応し、ICレコーダー並みの高音質録画が可能。なお、MP4動画録画時は、AAC 48KHz/128kbps(フルHDの場合、ビットレートは約17.2Mbps)とリニアPCM 48KHz/16bit(フルHDの場合、ビットレートは約16.2Mbps)の2種類の音声記録モードが選べる。また、映像なしのWAV(リニアPCM 48KHz/16bit)形式の音声のみ記録するモードもあり、長時間で録音したい場合などに重宝するだろう。

ミュージックビデオレコーダー『HDR-MV1』 ミュージックビデオレコーダー『HDR-MV1』
ミュージックビデオレコーダー『HDR-MV1』 ミュージックビデオレコーダー『HDR-MV1』

 ほか、スマホからの録画スタートやオーディオレベルメーターの表示ははもちろん、LINE IN/MIC INの共通端子(ステレオミニジャック)に外部デバイスを挿すと、MTRなどのデバイスごとに最適な録音するための設定を自動で行なってくれるポップアップが出たり、バッテリー温存に役立つ録画時の液晶自動消灯など、細かいところでミュージシャンの練習やPV撮影に役立つ機能を備える。

ミュージックビデオレコーダー『HDR-MV1』 ミュージックビデオレコーダー『HDR-MV1』 ミュージックビデオレコーダー『HDR-MV1』

 記録メディアはマイクロSD/SDHC/SDXCカード、メモリースティックマイクロ。サイズは27(W)×116.5(D)×70.5(H)mm。マイクロHDMI出力、マイクロUSB、ヘッドホン出力(ステレオミニジャック)を搭載。レンズはカールツァイス テッサー(F2.8)で動画時の焦点距離は18.2mmとなる。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking