2013年03月21日23時00分

iPhone5がつながりやすくなる“ダブルLTE”を超解説(石野純也氏寄稿)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ソフトバンクモバイルは、イー・アクセス(イー・モバイル)のLTEが、iPhone 5、iPad(第4世代)、iPad miniで利用可能になったことを発表した。

ソフトバンクが発表した『ダブルLTE』の今後(石野純也氏寄稿)
↑ソフトバンクとイー・モバイルの両方に接続できることを、『ダブルLTE』と名付けた。

 イー・モバイルのLTEは、1.7GHzの周波数帯を採用している。これは国際的に1.8GHzやBand 3と呼ばれるもので、世界各国で販売されるiPhone 5などの端末は、当初からこれに対応していた。ソフトバンクがイー・アクセスを買収したことで、両社のネットワークを統合。本日から、元々ソフトバンクが運用していた2.1GHz帯に加え、イー・モバイルの1.7GHz帯の利用が可能になった。ソフトバンクでは、これを『ダブルLTE』と呼んでいる。

ソフトバンクが発表した『ダブルLTE』の今後(石野純也氏寄稿)
↑2.1GHz帯と1.7GHz帯(1.8GHz帯)、2つの周波数帯を利用する。

 ソフトバンクの代表取締役兼CEO、孫正義氏によると、「イー・アクセスのコアにいきなり(ソフトバンクのトラフィックを)乗せると、パンクしてしまうので徐々にやっていくが、混んでいるところから対応させる」といい、スマートフォンによって増加するトラフィックを緩和させるのが、今回の施策の狙いだ。

ソフトバンクが発表した『ダブルLTE』の今後(石野純也氏寄稿)
↑ソフトバンクの代表取締役社長兼CEO、孫正義氏。
ソフトバンクが発表した『ダブルLTE』の今後(石野純也氏寄稿)
↑ネットワーク統合の狙いは、スマートフォンで急増するトラフィックの混雑緩和にある。

 ソフトバンクとイー・モバイル、どちらのネットワークを利用するのかは、「混んでいる基地局をリアルタイムで補足して」(孫氏)判断する。同社の取締役専務執行役員CTOの宮川潤一氏によると、「仮想的にOSS(ネットワークの管理や運用を行なうためのシステム、Operation Support Systemの略)を統合している」といい、お互いのネットワーク情報をやり取りして、空きのある方に接続する仕組みを構築した。「イー・モバイルの基地局にソフトバンクのコードを含めるようにした」(宮川氏)ため、端末側でソフトウェアを更新する必要もない。

ソフトバンクが発表した『ダブルLTE』の今後(石野純也氏寄稿)
↑混雑していない基地局に接続する仕組みだ。
ソフトバンクが発表した『ダブルLTE』の今後(石野純也氏寄稿)
↑対応端末はアップル製の3機種。ソフトウェアの更新は必要ないという。

 イー・アクセス買収からまだ日は浅いが、「短期間での統合は大変だった」と語る宮川氏。ネットワークの最終的なテストは15日に行われ、それまで「つながるかどうか、半信半疑だった」(宮川氏)。世界的に見ても、異なる会社のネットワーク統合は珍しいだけに、「失敗したら、あきらめてもう1回チューニングし直そうと思っていた」(宮川氏)と、綱渡りで発表にこぎつけた。

 苦労の理由は、両社のネットワークが想定しているトラフィックの量にある。宮川氏は次のように語る。

「あまりイー・モバイル側に(トラフィックが)乗ってしまうと、ネットワークが倒れてしまう。ユーザーに迷惑をかけないよう、イー・モバイルからは空いたところだけを借りる契約になっている。そこがどのくらい混んでいるのか、情報をリアルタイムでもらわなければいけない。ここに手こずった」

 孫氏が「徐々にやっていく」と述べていたように、ダブルLTEは、限られた地域からスタートする。本日時点では、「池袋が一番早い」(孫氏)といい、まずは都心部中心にエリアを広げていく。「4月には山手線がほとんど終わる」(宮川氏)ペースで、対応が進められていく見込みだ。

 両社の基地局は、合計で「来年度末までに、3.8万局になる」(孫氏)という。イー・モバイルの基地局は「まだまだ周波数効率が悪い」(宮川氏)状態で、通信できる範囲(セル)を細かく分割していく方針だ。最終的には、「郊外で余力のある場所では使わないが、7~8割」(宮川氏)の基地局に、ソフトバンクの端末からアクセスできるようになる。

 

ソフトバンクが発表した『ダブルLTE』の今後(石野純也氏寄稿)
↑来年度末には、3.8万の基地局がiPhone 5(や、次期iPhone)で利用できるようになる見込みだ。

 今日現在はまだ実感できるほどではないが、ダブルLTEの効果は、ジワジワと表れてきそうだ。

●関連サイト
ソフトバンク

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking