2012年10月18日13時30分

Android時計『i’m Watch』をiPhone 5と接続してみた

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
徹夜明けにこんな箱が!
Android時計『i'm WATCH』を竹子がくれましたの巻

 徹夜明けによろよろと自分の机に這い寄っていったら、机の上になにか見知らぬ箱が置いてあったんです。

 箱の上面には「いつもがんばっているジャイアンさんに…☆」という文字が。この文字、明らかに竹子の文字です。ちょっとヘロっているのが気になりますが。竹子も徹夜?

『i'm Watch』じゃないですか!
Android時計『i'm Watch』を竹子がくれましたの巻

 はやる心を抑えながら箱を開けてみると、なかにはAndroid時計『i'm Watch』がありました。

 徹夜明けで正常な判断力を持っていないので、コレが純粋なプレゼントなのか、プレゼントの体を装ったレビュー記事依頼なのかよくわからないのですが、ミッション・インポッシブル的時計はワタシの大好物です。早速レビューをいたしましょう。まずは外観から。

右側面 左側面 バックル
Android時計『i'm WATCH』を竹子がくれましたの巻 Android時計『i'm WATCH』を竹子がくれましたの巻 Android時計『i'm WATCH』を竹子がくれましたの巻

 『i'm Watch』はイタリア製。今回竹子が購入したモデルは、『i'm Watch』のなかの『i'm Color』というモデルで、直販価格は2万9999円。ボディーはアルミニウム素材で、ベルトは固めのゴム素材と、それほど高価な部材が使われているわけではないのですが、ガジェッターの所有欲を満足させる質感は備えています。

 さて電源を入れてみましょう。

じっと待ちます…… さらに待ちます…… 気長に待ちます……
Android時計『i'm WATCH』を竹子がくれましたの巻 Android時計『i'm WATCH』を竹子がくれましたの巻 Android時計『i'm WATCH』を竹子がくれましたの巻
Androidっぽい!
Android時計『i'm WATCH』を竹子がくれましたの巻

 電源を入れてからしばらくたつと、言語選択の画面が表示されました。画面のデザインがいかにもAndroid的。『i'm WATCH』がAndroid時計だという実感がようやくわいてきました。

“日本語”を選択 “東京”を選択
Android時計『i'm WATCH』を竹子がくれましたの巻 Android時計『i'm WATCH』を竹子がくれましたの巻
日付けを設定 時間を設定
Android時計『i'm WATCH』を竹子がくれましたの巻 Android時計『i'm WATCH』を竹子がくれましたの巻

 慣れたAndroidのインターフェースなので、スパパパパーンと設定を進めていきます。しかし……。

シリアル番号が表示されました
Android時計『i'm WATCH』を竹子がくれましたの巻

 なぜか設定の最後にシリアル番号が表示されました。これあとで気づいたのですが、重要な情報なので、皆さんが購入されたときにはメモを忘れずに!

デター!
Android時計『i'm WATCH』を竹子がくれましたの巻

 と言うわけでようやく時計的画面が表示されました。画面をスワイプすると、表示がなめらかに切り替わります。

左側 右側(1) 右側(2)
Android時計『i'm WATCH』を竹子がくれましたの巻 Android時計『i'm WATCH』を竹子がくれましたの巻 Android時計『i'm WATCH』を竹子がくれましたの巻

 ホント由緒正しきAndroid端末ですね。つぎに設定画面を見てみましょう。

……よくわからない
Android時計『i'm WATCH』を竹子がくれましたの巻

 設定画面を見てみましたが、通常のAndroid端末にある“アカウント”設定が見当たりません。うーん、この先どのように設定すればいいのかよくわかりません。

 この時点で初めて製品公式サイト(外部サイト)をチェックしました。

 と言っても、そんなに難しいことはありませんでした。PCなどから“i'm Cloud”サービスで登録を行ない、Android、iOS機、そしてBlackBerryとBluetooth経由でテザリング接続すればオッケーです。Android時計なのに、iOS機やBlackBerryと組み合わせられるのがちょっと意外ですが、“i'm Cloud”サービス自体が基本的にGoogleサービスと同期をとるので、スマートフォンのプラットフォームに依存しないわけですね。

“i'm Cloud”を登録
Android時計『i'm Watch』を竹子がくれましたの巻

 この“i'm Cloud”サービスに登録する際に、前述の『i'm Watch』のシリアル番号が必要になります。と言うわけで、さっきのメモ書きが役に立つわけです。

Bluetooth経由でテザリング接続 そして最後に端末を登録
Android時計『i'm WATCH』を竹子がくれましたの巻 Android時計『i'm WATCH』を竹子がくれましたの巻
やっとつながった!
Android時計『i'm WATCH』を竹子がくれましたの巻

 紆余曲折を経て、これでようやく『i'm Watch』が使えます。いろいろ試してみましょ!

ツイッターとか…… メールとか……
Android時計『i'm WATCH』を竹子がくれましたの巻 Android時計『i'm WATCH』を竹子がくれましたの巻
電話とか…… 天気とか……
Android時計『i'm WATCH』を竹子がくれましたの巻 Android時計『i'm WATCH』を竹子がくれましたの巻
株式情報とか…… 電卓とか……
Android時計『i'm WATCH』を竹子がくれましたの巻 Android時計『i'm Watch』を竹子がくれましたの巻

 このほかにも画像ビューワーとか音楽プレーヤーとかありますが、素の状態でこれだけ利用できるのであればまずます実用的ですね。

 1.54インチのディスプレーは解像度240×240ドットなので、文字の可読性も十分なレベルです。

スマホ連携時計は楽し!
Android時計『i'm WATCH』を竹子がくれましたの巻

 ソニーモバイルの『SmartWatch MN2』は個人的に購入し、宮野編集チョが購入したMeta Watchの『METAWATCH』はさりげなく専有しているワタシですが、『i'm Watch』はまた異なる魅力を感じました。

 現時点では実はまだファームウェアがバージョン0.5.0と未完成で、動きがちょっと遅くなることがあります。アプリケーションの充実度は『SmartWatch MN2』と比べるまでもありません。ただ時計としての完成度は、いま手元にある3製品のなかで群を抜いているんですね。

 発売当初、予約者を長らく放置して、正直ちょっとイメージが悪い『i'm Watch』ですが、ファームウェアを正式版とし、専用アプリも充実させて、スマホ連携時計の市場を広げてもらいたいところです!

i'm Watch
メーカー名:i’m
直販価格:2万9999円
製品公式サイト(外部サイト)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking