2012年08月08日19時30分

エプソンがリスト型GPS機能付きランニング機器『WristableGPS』を発表

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 エプソンが、リスト型のGPS機能付きランニング機器『WristableGPS』を8月23日に発売すると発表しました。
 

120808_epson

 エプソン独自開発のGPSモジュールを内蔵することで、薄型・軽量を実現したとのこと。今回発表したWristableGPSのモデルは3種類。ランニング以外のさまざまなスポーツにも対応できるマルチスポーツモデル『SS-700S』と、フルマラソンへの参加などアスリート志向のランナーに向け、薄型・軽量を追及したアスリートモデル『SS-500R』、運動を楽しみたいという人向けのFUNランナーモデル『SS-300R/G』というラインアップです。
 

120808_epson

 エプソン社内のランナーが直接開発に携わっているとのことで、ランニングの際に欲しい機能や設計などを聞いて開発したそうです。
 

120808_epson

 自社開発したGPSデバイスに位置補正をかけることで、安定した位置精度と距離制度測定を可能に。
 

120808_epson

 さらに、低パワーのGPSデバイスに、ランニングに最適化した消費電力を抑えるアルゴリズムを組み合わせて、GPS連続起動中でも14時間使用可能。
 

120808_epson

 本体に内蔵している自社製薄型フラットアンテナは、LCD下に置くことで薄さと着け心地のよさを実現したとのこと。
 

120808_epson

 また、“ストライドセンサー”により、GPS電波が届かないトンネル内などでも、距離とラップを刻むGPSと加速度センサーから歩幅の自動計算を行ない計測を実現する。
 

120808_epson

 3モデルとも、すべて防水機能を備える。『SS-700S』は10気圧防水。『SS-500R』、『SS-300R/G』も5気圧防水と、ランニングを楽しむだけなら十分以上の性能をもつ。
 

120808_epson
120808_epson
120808_epson
120808_epson
120808_epson
120808_epson
120808_epson

 WristableGPS本体の機能は、位置情報から距離・速度を自動計測して、自動的にラップ情報を記録できます。信号待ちなどで停止した際は、計測停止するオートポーズ機能、目標ペースを設定できるエクササイズ機能、体調管理に便利な消費カロリー表示とかなり充実しています! これを使って自分を計測してみたいですね。

120808_epson
120808_epson

 ほかにも、自分が走ってきた軌跡や記録の管理などができるウェブサービス『NeoRun』を、WristableGPS購入者に無料で提供するとのこと。PCとの接続は、専用のクレードルをUSBでPCにつなぎ、WristableGPSをクレードルにセットするだけ。
 

120808_epson

 エプソンダイレクトショップの直販価格は『SS-700S』が3万4800円、『SS-500R』が2万9800円、『SS-300R/G』が2万4800円。今年の秋はスポーツにはげもうと考えている人は、WristableGPSを使ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking