2012年06月15日12時00分

ファイルをその場で渡しあえるiPadアプリに惚れた!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

ぱっと転送

『ぱっと転送』
バージョン:1.0.0
App Store価格:無料
(バージョンと価格は記事作成時のものです)

 社内のペーパーレス化が進むのはいいけど。会議の資料をダウンロードし忘れたらどうすれば? 『ぱっと転送』なら、紙を受け渡すような感覚で、その場にいる人にファイルを転送できる!

WiFiやブルートゥースでファイルを送受信
ぱっと転送

 ぱっと転送は超シンプルなファイル送受信アプリ。メールや別アプリから取り込んだファイルを、WiFiまたはブルートゥースで別のiPadやiPhoneに送信したり、受信したりできる。ファイルの取り込み方は簡単。iOS標準の“次の方法で開く”でぱっと転送を選ぶだけ。

複数ファイルを複数端末にまとめて送信
ぱっと転送

 最大の魅力は、1度に複数のファイルを複数の端末にまとめて送信できる点。受信するファイルを、受信者が選択できるのも◎。

 1度に送信できる端末数の目安はWiFiの場合が8台、ブルートゥースなら3台まで。大規模イベントは厳しいけど、社内や訪問先でのちょっとした会議なら1度で資料配布が完了する手軽さは神!

 開発元によると送受信するファイル数は無制限。推奨データ容量はWiFiの場合が計1MBまで、ブルートゥースの場合は計500KBまで。だけど筆者がWiFi環境で試したところ、PDFやワードなど計5種類、約2MBのデータを約5秒で会議の参加者全員に送信できた。

 なお、WiFiの場合は送受信する端末どうしが同じネットワーク内にあればオーケー。ブルートゥースの場合は事前にオンにしておくだけ。めんどうな設定やペアリングは一切不要で誰でもスグに使える。

ファイル名変更も可能
ぱっと転送

 地味に便利なのが、ファイルの長押しでファイル名を変更できる点。残念ながら今のところフォルダーの作成や並べ替えはできないので、その代わりというか。わかりやすいファイル名を付けておけば、最低限、ファイルを見失わないようにはできるよ。

別アプリでも受信ファイルを保存できる
ぱっと転送

 受信ファイルを別アプリで利用したり、保存できるのもナイス。DropboxだろうがEvernoteだろうが、“次のアプリで開く”で呼び出せるアプリなら、どんなアプリでもファイルを受け渡せる。

 最大のネックは、やはりフォルダー作成と並べ替えができない点。ファイルを送信し終わっても、ポップアップウインドーがなかなか消えない点も改善されるといいね。でもまだ若いバージョンなので、今後の伸びしろに大いに期待できそう。iPadとiPhoneどちらでも使えるので、社内会議などで大いに活用しよう!

____________________________

『ぱっと転送』
バージョン:1.0.0
App Store価格:無料
(バージョンと価格は記事作成時のものです)
(c) Forval Telecom, Inc.

AppStore アプリをダウンロード

※このアプリはiPhoneとiPadの両方に対応しています。
その他のアプリの記事はコチラ
・iPhone&iPadアプリレビュー

ヤシマノブユキさんのサイト
WorP@holic わ~ぱほりっく

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking