2012年05月18日17時00分

中華Androidの完成度がヤバイ件【週間リスキー】

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 魅力的な新スマホがau、ドコモから発売されて、目が移りまくりのジャイアン鈴木です。キャバクラに行ったときのほうが、まだ落ち着いた男です。キリッ。

 そんな、すっかり浮ついているワタシにACCNが「少し落ち着け」と渡したのが、下の写真の箱でした。

イカス!
Xiaomi MiOne

 ダンボールの地を活かしたデザインが超イカします。パッケージをよく見ると、『MSM8260』などとCPUの名前が描かれており、スペック表を兼ねたデザインになっているわけです。

 パッケージをさらに入念に見ると“小米”と書かれています。ここでようやくわかりましたが、ACCNの手渡したこの端末は、中国で大人気で入手困難なAndroidスマートフォン『Xiomi MiOne』でした。どこで手に入れたのでしょう?

 中華スマホや中華タブレットと言うと、“品質が大らかな”イメージがありますが、小米のスマホは日本端末に劣らぬ質感であると、山根博士も言ってました。逸る心を抑えて、さっそく開梱してみます。

ケース付き? 背面ジャケ2枚同梱です
Xiaomi MiOne Xiaomi MiOne

 箱の中身は基本的に標準的な構成です。しかし、実は本製品には背面ジャケットが2枚入っています。黒とオレンジ、好きなほうを使えるわけですね。

電源オン 見慣れぬアプリが
Xiaomi MiOne Xiaomi MiOne

 起動画面はいかにもAndroid端末なのですが、ホーム画面は見慣れぬアイコンが並んでいます。Playストアがないですね。公式アプリを入れられないのだとすれば、ちょっと常用は厳しそうです。

APNを設定 日本語表示可能
Xiaomi MiOne Xiaomi MiOne

 APNを設定してブラウザーで“週アスPLUS”を開いてみたら、あっさり日本語で表示されました。ACCNが大嫌いな中華フォントですけどもー。中華フォントと言えども日本語が問題なく表示されるのが、Android OSの懐の深いところです。

“〜超市”がストアっぽいです “Google Play 商店”がある!
Xiaomi MiOne Xiaomi MiOne

 なんとかアプリを入れられないものかとアイコンをじっくり眺めていたら、“~超市”というのがなんかストアっぽい感じです。開いてみるとビンゴ! 独自ストアで、かつトップに“Google Play 商店”がありました。

“Google Play 商店”をインストール
Xiaomi MiOne

 “Google Play 商店”こと“Playストア”さえ入れてしまえば怖いものはありません。

『MoreLocale 2』を…… 『ATOK』を……
Xiaomi MiOne Xiaomi MiOne

 『MoreLocale 2』と『ATOK』さえ入れてしまえば、もう常用スマホとして使えます。

 ただ、ひとつ注意点があります。

グーグルアカウントが同期できない
Xiaomi MiOne

 グーグルアカウントを登録しただけでは、各種データを同期できないんですね。まあ、これは当たり前の話なんですけど、同期するデータを扱うアプリケーションをインストールする必要があるんです。

Google謹製アプリをインストール
Xiaomi MiOne

 『Gmail』をはじめ、このあたりのギャラリー、カレンダー、連作先アプリをインストールします。すると……。

同期可能に!
Xiaomi MiOne

 グーグルアカウントに紐付くグーグル謹製アプリをインストールすると、同期が可能になります。ここ、大事なポイントです。

なめらか〜
Xiaomi MiOne

 ここまでくれば日本のキャリアから発売されているAndroidスマートフォンとまったく変わらぬ使い勝手です。独自ホーム画面もこのようなキューブ型エフェクトが採用されていたりして、ビジュアル的にも作り込まれていますし、動きも遜色ありません。

 代表的なベンチマークプログラムのスコアを見てみましょう。

Quadrant Standard Edition AnTuTu 安兎兎ベンチマーク Vellamo Mobile Web Benchmark
Xiaomi MiOne Xiaomi MiOne Xiaomi MiOne
トータルスコア2557 トータルスコア5334 トータルスコア1249

 『Quadrant Standard Edition』と『Vellamo Mobile Web Benchmark』の他機種との比較を見てみると、『GALAXY NEXUS』を上回るパフォーマンスを記録しています。この結果にはビックリ。小米謹製スマホ、侮れません。

カメラ画質もいーんです!
Xiaomi MiOne
※MiOneで撮影した写真(2400×3200ドット)を縮小して掲載しています

 もともと小米は大手メーカー向けにカスタムROMを作っている会社とのことで、技術力は折り紙つき。カメラ画質なども、上に掲載した写真のとおり、なかなか自然な画質です。

 日本の端末メーカーさん、うかうかしていると追い越されちゃいますよ?

※著者および編集部は、技術基準適合証明(技適)を受けていない通信機器の利用を勧めるものではございません。通信機器は各国の法律に基づいて利用してください。各国の法律に反して利用しても、著者および編集部は一切責任を負いません。

MiOne
メーカー:Xiaomi
価格:3万6000円(無問題販売価格
メーカー公式サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking