2011年12月22日12時00分

タッチ操作でなめらかなベクトル線が描けるAndroidタブレットアプリがイカス!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

Adobe Ideas

『Adobe Ideas
作者:Adobe Systems
バージョン:1.5
対応OS:3.1以上
Android Market価格:850円
※使用条件:画面解像度1280x800以上
(バージョンと価格、対応OSは記事作成時のものです)

Adobe Ideas

 Android端末のディスプレーをキャンバスにしてお絵かきができるドローワーアプリは、これまでにもいくつかリリースされているが、アドビの『Adobe Ideas』では、レイヤー機能を装備。タッチ操作の追従度が高く、軽くデッサンした絵もなめらかに描写できるのが魅力だ。

Adobe Ideas

 メニューは必要最低限。上から、ペン、消しゴム、アンドゥ、ペンサイズ、透明度、色、レイヤーとなる。

Adobe Ideas Adobe Ideas

 画面左のメニューの丸いボタンで線の太さを調整可能。丸の大きさが線の太さを表わしているので、線を引く前に確認できる。また、線を引きながら太さの変更も可能。

 このアプリは、線を引いて作画をしていくスタイルのため、塗りつぶしなどの機能は装備していない。ただし、線はベクターグラフィックとして扱われており、タッチ操作で線を引くと、自動で滑らかな線となる。アンドゥは試してみたところ60回できた。

Adobe Ideas

 線の色は“color”からタッチ操作で選択可能。背景に写真を配置することも可能。

 写真はギャラリーやGoogle、Flickrから呼び出すこともできるし、ゆくゆくはクラウド上で共有している素材や色をほかのアプリやPC用ソフトと共有できるようになる。

Adobe Ideas

 さらに濃度を“opacity”から調整し、線を重ねて微妙な色合いを表現。

Adobe Ideas

 イチから自分で描くだけでなく、写真に手書きメモやイラストを挿入したり、下絵としてトレースできるのがイカス!

Adobe Ideas

 作成途中の画像や、作業用のベースにしたい画像ファイルは、メニューボタンもボタンタッチですぐに複製できるのも地味に便利だ。

 iOS版には作画用のレイヤーを重ねたり、オブジェクトやレイヤーの移動拡大縮小といった機能があるが、Android版では未対応。とはいえ、スケッチブック感覚でここまでサラサラと描けるAndroidアプリは見当たらない。興味のあるユーザーは一度トライしてみよう!

『Adobe Ideas
作者:Adobe Systems
バージョン:1.5
対応OS:3.1以上
Android Market価格:850円
※使用条件:画面解像度1280x800以上

(バージョンと価格、対応OSは記事作成時のものです)
※Android端末は多くの機種・バージョンがあるため、特定の機種によっては誤動作・不具合などが発生する可能性があります。必ずご使用の機種で正常に動作することをご確認ください。

■ダウンロードはコチラから■
Adobe Ideas

中山智さんのサイト
幽玄会社中山商店

このページの内容の一部は、Google が作成、提供しているコンテンツをベースに変更したもので、クリエイティブ・コモンズの表示 3.0 ライセンスに記載の条件に従って使用しています。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking