2011年10月25日20時11分

ドコモ版GALAXY NEXUSはこうなる! ~日本語ロケールによるAndroid 4.0最新続報~

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 本日10月25日、グーグル日本法人本社で、Androidグローバルパートナーシップ ディレクターのジョン・ラーゲリン氏による、Android 4.0記者説明会が行なわれた。

 基本的には10月19日に香港で開催されたAndroid 4.0の発表会ですでに公開されている情報がほとんどだが、今回はAndroid 4.0の日本語ロケールでデモが行なわれ、また今回初めて公開された日本限定の情報もあるので、Android 4.0の新機能について改めておさらいしてみよう。

「4.0はいつも以上に時間をかけた自信作!」
ドコモ版GALAXY NEXUSはこうなる!〜日本語ロケールによるAndroid 4.0最新続報〜
GALAXY NEXUSはリードデバイス3代目
ドコモ版GALAXY NEXUSはこうなる!〜日本語ロケールによるAndroid 4.0最新続報〜

 GALAXY NEXUSはNexus One、Nexus Sに続く3代目のリードデバイスであり、少なくとも数年の間、その時点の最新Android OSが提供される端末となる。Nexus OneはHTCが開発し、Nexus SとGALAXY NEXUSはサムスンが開発を行なった。

 記者から、今後このリードデバイスが(グーグルに買収された)モトローラが開発するのではないかという質問が出たが、ジョン・ラーゲリン氏は「むしろその可能性は低くなった」と強く否定した。

モトヤフォントを採用!
ドコモ版GALAXY NEXUSはこうなる!〜日本語ロケールによるAndroid 4.0最新続報〜
※実際の端末画面を拡大表示

 今回の記者説明会での最大のトピックがAndroid 4.0が日本語フォントとして、モトヤフォントを採用したこと。このモトヤフォントはGoogleマップにも採用されており、可読性と文字の美しさに定評がある。

 これまで端末メーカー各社で独自フォントを搭載することが多かったが、これからはすべての端末で一定以上のフォント品質が担保されることになる。

ホームキーなどを画面内に配置
ドコモ版GALAXY NEXUSはこうなる!〜日本語ロケールによるAndroid 4.0最新続報〜

 Android 4.0のUI、ハードウェアデザインは、Android 3.1/3.2から多くの部分を継承しており、“戻る”、“ホーム”、“履歴”キーはハードウェアキーとしては用意されず、画面内に配置される。

 現在のAndroid 2.3搭載スマートフォンの一部にもAndroid 4.0は提供される予定だが(たとえば2代目リードデバイスであるNexus S)、OSレベルでハードウェアキーと画面内のキーの整合性がとられるとのこと。

斜めに傾くアプリアイコン
ドコモ版GALAXY NEXUSはこうなる!〜日本語ロケールによるAndroid 4.0最新続報〜

 細かなアニメーションエフェクトなどに注力されているのもAndroid 4.0の特徴のひとつだ。上の写真ではわかりにくいが、指の動きに合わせてアプリアイコン全体が微妙に傾き、ユーザーのアクションを受け取っていることを明示的に返している。

 じゃっかん地味なイメージの強いAndroid OSだが、4.0ではユーザーエクスペリエンスでも洗練の度合いを高めてきている。

スクリーンショット機能を正式搭載!
ドコモ版GALAXY NEXUSはこうなる!〜日本語ロケールによるAndroid 4.0最新続報〜

 「メディアの皆さんに便利な機能」として紹介されたのがスクリーンショット機能。これまでもサムスン端末などで独自にスクリーンショット機能が搭載されていたが、Android 4.0でついにOSレベルでスクリーンショット機能が搭載された。スクリーンショットは上の写真のように電源ボタンと下ボリュームボタンを同時に押すことで撮影できる。

 たしかにアプリケーション紹介記事を作成するためにスクリーンショット撮影機能は必須なので、編集者・ライターには重宝するが、一般ユーザーにとっても地図を送ったり、ウェブサイトの全体画像を送る用途などに便利に使える。iOS機と同様にOSレベルでスクリーンショット機能をサポートしたことは大いに評価したい。

写真編集機能を豊富に実装
ドコモ版GALAXY NEXUSはこうなる!〜日本語ロケールによるAndroid 4.0最新続報〜

 Android 4.0の香港発表会では、カメラ機能の充実について時間をかけてプレゼンが行なわれた。ゼロシャッターラグと称される連写機能も大きな進化点だが、トリミング、赤目補正、明るい肌色、傾き調整、回転、反転など、デジカメ専用機に搭載されている機能の多くが撮影後すぐに使えるのは非常に重宝するはずだ。

データ通信量を個別に確認可能
ドコモ版GALAXY NEXUSはこうなる!〜日本語ロケールによるAndroid 4.0最新続報〜
設定した制限に達すると通信を無効に!
ドコモ版GALAXY NEXUSはこうなる!〜日本語ロケールによるAndroid 4.0最新続報〜

 データ通信量の多いユーザーの通信速度を制限したり、一部従量制をキャリアが導入するといった報道がなされているが、Android 4.0ではアプリケーションごとのモバイルデータ通信量を確認し、また全体のモバイルデータ通信量に制限をかけられる。

 まだ3G回線で一部従量制導入を発表したキャリアはないが、今後の各キャリアの動向次第ではスマートフォン必須の機能になりそうだ。

連絡先も大幅に進化
ドコモ版GALAXY NEXUSはこうなる!〜日本語ロケールによるAndroid 4.0最新続報〜
電話機としての基本機能も充実
ドコモ版GALAXY NEXUSはこうなる!〜日本語ロケールによるAndroid 4.0最新続報〜

 連絡先はソーシャルとの連携をより高め、電話機としての基本機能もより充実している。とくに便利そうなのが、メッセージ返信機能。電話がかかってきたときに、通話をせずに、上の写真のように任意のSMSを送ることができる。会議中や電車内で電話を受けたときに役立つこと間違いなしの機能だ。

ANDROID BEAMはどうなる?
ドコモ版GALAXY NEXUSはこうなる!〜日本語ロケールによるAndroid 4.0最新続報〜

 NFC(Near Field Communication・近距離無線通信)によって実装された“ANDROID BEAM”のデモが今回最後に行なわれたが、1~3回ほど通信に失敗したあとにようやく成功していた。とは言えNFC自体はすでにかなり枯れた(成熟した)技術。GALAXY NEXUS発売までには安定して通信が可能になっていることだろう。

顔認証はエンターテイメント機能?
ドコモ版GALAXY NEXUSはこうなる!〜日本語ロケールによるAndroid 4.0最新続報〜
※この写真は香港発表会でのデモ画像

 なお今回不手際で撮影できなかったが、顔認証による端末ロック解除のデモも行なわれた。この顔認証には、顔写真などによる解除を防ぐため、筋肉の動きなども検知し、動きのない写真などでは認証を行なわない技術も盛り込まれる予定だが、現時点ではいつその技術が導入されるかは未定。

 また、セキュリティーの観点からは、グーグルとしてはあくまでもピンコードによるロックを勧め、顔認証による端末ロック解除機能はエンターテイメント要素として位置づけていると語られた。

 ドコモ版GALAXY NEXUS独自の機能としては、エリアメールによる緊急地震速報の対応などもあげられる。これは東北地方太平洋沖地震を受けて、グーグルとしても積極的に搭載した機能となっている。

 香港発表会と同様、デモンストレーション中に小さなアクシデントが起こったのも、最新技術を貪欲に盛り込んでいくグーグルらしいと言えるだろう。LTE非搭載であることも含めて、GALAXY NEXUSは万人に勧められる端末ではないが、とにかく最新OSをいち早く使いたいというユーザーにはほかの端末を選ぶ余地はない。

 と言うことで……。

これ買います!
ドコモ版GALAXY NEXUSはこうなる!〜日本語ロケールによるAndroid 4.0最新続報〜

※23:50更新 本文内の誤字を修正しました。お詫びして訂正いたします。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking