2011年08月11日14時01分

超解像30倍ズームとGPSを搭載した富士フイルムの『FinePix F600EXR』

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 光学15倍ズームと画質劣化を抑えた30倍デジタル“超解像”ズームを備えた『FinePix F600EXR』が富士フイルムから発売決定! 予想実売価格は約4万円で、発売予定は9月です。

20110808-tate-fuji01

 手ブレ補正はCMOSシフト式と動き認識補正をダブル搭載。“動きの速い被写体を望遠で撮影する”といった状況でも、ブレの少ない写真が撮れるのが魅力。夕方や薄曇りのシチュエーションで運動会などを撮影するときに心強い機能になりそうです。また、4枚の画像を連写して重ね合わせることで補正をかける“インテリジェントブレ防止モード”も搭載。こちらは、夜景などを撮影するときに重宝しそうです。

 さらに、新搭載の撮像素子“EXR CMOSセンサー”と画像処理エンジン“EXRプロセッサー”により、同社の1/2型CCD搭載カメラと比べてノイズを最大約1/8まで低減。加えて、99パターンの画質設定から自動で最適なモードを選んでくれる“プレミアムEXR AUTO”機能を装備。夕焼けや夜景、雪景色など、設定が難しい場面でもカメラが最適なモードを自動で選択してくれます。「ISO感度とか、シャッタースピードとかわからない」という人でも、ワンランク上の写真が撮れそうです。

20110808-tate-fuji01

 また、世界各地の観光スポットや名所旧跡の名前と現在位置からの方向、距離を教えてくれる”ARランドマークナビ”機能を搭載。たとえば、浅草にいる場合、レーダー状の画面に三角の印で“雷門”などと名所が表示されるしくみです。

 ほかにも最大秒間11コマの超高速連写や360度パノラマなどの機能が盛りだくさん。秋の運動会や行楽に向けて、どんなシーンでも撮影に失敗しないカメラを探しているなら、おすすめの1台です。

『FinePix F600EXR』
富士フイルム
●9月発売予定
●予想実売価格 4万円前後

<スペック>
有効画素数 1600万画素
映像素子 1/2型 CMOSセンサー
手ブレ補正 光学(センサーシフト)式、動き認識補正
撮影感度 ISO100~12800
レンズ 光学15倍(35ミリ換算 24~360mm)
動画 フルHD(ステレオ音声、秒間30フレーム)
ディスプレー 3.0インチ液晶(46万ドット)
標準撮影可能枚数 約280枚(オート時)
サイズ 103.5(H)×32.6(D)×159.2(H)mm
重さ 215グラム(バッテリー、SDカード含む)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking