2017年03月01日14時20分

レインボーマウンテンに書かれた数字ってなに?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
レインボー
「ボス レインボーマウンテンブレンド 今月のブレンドシリーズ」(125円前後)

 サントリーのロングセラー缶コーヒー「ボス レインボーマウンテンブレンド」に最近、「No.1」「No.2」と数字が書かれた缶があるのをご存知でしょうか?

レインボーマウンテンは7つエリアの豆をブレンドしている

レインボー
「No.1」「No.2」と、数時。

 こちらは「ボス レインボーマウンテンブレンド 今月のブレンドシリーズ」という数量限定商品。数字ごとにそれぞれ味が異なり、「No.1」から「No.7」まで、全7種を年内に順次発売予定。

 そもそもボスのレインボーマウンテンとは、グアテマラ全国コーヒー協会が推奨した7つのエリアの豆(レインボーマウンテン豆)をブレンドしてつくったコーヒーなのです。7つのエリアとは、サンマルコス、アンティグア、ウエウエテナンゴ、アティトラン、フライハーネス、アカテナンゴ、オリエンテを指します。

レインボーマウンテン
7つのエリアの豆を使用。

 レインボーマウンテンって7つのエリアの豆でレインボーだったというのは、知らなかった人も多いのでは。私も「虹色の缶だときれいだもんな」ぐらいにしか考えていませんでした。

 今月のブレンドシリーズでは、順次各エリアの豆をピックアップ。豆ごとの特徴が引き立つようにとブレンド方法や焙煎方法を工夫して、定番のレインボーマウンテンとは少し異なる風合いに仕上がっています。

レインボー
全7種類が2017年を通して順次発売。

 冬にはコクがある深い味わいを出せる豆を中心に、夏には爽やかな柑橘系の香りがある豆を中心にブレンドしたものが発売と、季節を考慮した登場になるため、豆の違いを意識するというより季節に合った味、という意味でも楽しめるはず。

味は違うの? 飲んでみた!

 実際に味は違うのでしょうか? 特別に7種類を集めてもらったので、記者が全種飲み比べてみました。

・No.1 オリエンテ(2月発売)

レインボー

「深いコクと苦味」
感想:ほぼ定番のレインボーマウンテンと同じ風味。意識して飲み比べると、定番より甘味が少し控えめで、苦みが深めであると感じます。


・No.2 アカテナンゴ(2月発売)

レインボー

「香ばしく余韻のある香り」
感想:No.1よりミルク風味が抑えられ、どっしりした味わいになってきました。定番とは明らかに違います。


・No.3 サンマルコス(4月発売)

レインボー

「華やかな香りとコク」
感想:爽やかで果実味があります。後味もすっきりしていて飲みやすい。


・No.4 アティトラン(6月発売)

レインボー

「心地よく爽やかな香り」
感想:香りを強く感じます。紅茶のような華やかさ。すっきりしているけど、ミルク風味もちゃんとあります。 


・No.5 フライハーネス(8月発売)

レインボー

「洗練された味わい」
感想:すっとした甘味で、酸味、苦みがあります。後味が残らず、夏でも心地よく飲めそう。ミルクの風味もちゃんとあるのに、ここまですっきりしているのがすごい


・No.6 ウエウエテナンゴ(10月発売)

レインボー

「深く華やかな余韻」
感想:甘いけどあっさりしていて飲みやすい。べたべたした余韻が残らないのが好印象です。


・No.7 アンティグア(12月発売)

レインボー

「豊かな香りとコク」
感想:冬に発売するものなので、甘味がしっかりあってミルキーな味わい。チョコレートのような風味も感じます。香りも華やか。

No.1、2は売り切れ次第終了

 私は特にNo.3、5、6が気に入りました! 定番のレインボーマウンテンはミルク風味が強くて私の好みからいうと「まったりしすぎている」と感じていたのですが、No.3はフルーティー、No.5は甘さ控えめ、No.6は後味すっきりと、レインボーマウンテンであるのに違った風味で楽しめました。

 これらの商品は2月から12月まで順次発売されるため、7種類が同時に店頭に並ぶことはありません。7つの味を揃えたいという人は、No.1、No.2と買ったものを取っておいて、12月に発売されるNo.7まで取っておく、という方法が有効。

 現在、No.1、2の商品が売り切れ次第終了して、3月は定番のレインボーマウンテンが並ぶという運び。店頭でNo.1、2を見つけたら今のうちに買っておくことをオススメしますよ。

レインボー
No.1、2はなくなり次第終了してしまう。見つけたらおはやめに。

 No.3が登場するのは4月。キャペーンサイトではNo.3が一足先に飲めるというプレゼント企画を3月14日より実施するということなので、気になるという人はサイトもチェックしてみましょう。

■関連サイト


ナベコ

ツインテール

寅年生まれ、肉食女子。特技は酒癖が悪いことで、のび太君同様どこでも寝られる。30歳になったので写経を体験したい。Facebookやってます!

人気の記事:
酒好き必訪!超コスパの神楽坂「塩梅」の日本酒飲み放題」「串カツ田中が100円均一なので、一番高い串を食べてきた」「アラサーが女子大生にまんまと成りすませるか試してみた」「“噂のダイソー100円ワインを飲んでみた

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!