2012年09月21日10時54分

iPhone 5のナノSIMをマイクロにしたら4Sに戻れる?(ソフトバンクのテストを追記):週間リスキー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 割礼ナノSIMはiPhone 5では使えない説が濃厚ですが、まだ実証されたわけではございません。週間リスキー編集局は香港のSIMロックフリー版iPhone 5(バンドはソフトバンクと同じ)にいち早く触れることができる協力者を得て、本日中にもその結果をお伝えできる見込みです。寝ちゃわなければね……。ってか、どうせもう、みんなたちはiPhone 5いじるのに必死になってて、こんな記事読んですらいないんだ。いいんだ、それで。それでいい。

 とりあえず、国内版が届きましたので、逆は試せますね。逆とは、すなわち“ナノSIMにゲタを履かせて、iPhone 4Sなどといった古巣に戻れるか”でございます。世界トップレベルの最速っぷりでiPhone 5の落下試験をされた方などが、キャリアショップで行列をかき分け、SIMカードの再発行手続きをしなくて済むかどうかの、非常に重要な実証実験でございます。たぶん。まず、auの端末同士でやってみました。

ご開帳〜☆
SIM_Adapter
↑穴に棒を挿入し、ナノSIMトレイを引き出します……。
Nice to meet youなの
SIM_Adapter
↑初、お目にかかりますナノSIMはん。非常に小ぶりな感じなのね。こちらはauの娘でございます。
人差しSIM
SIM_Adapter
↑もうね、これはねぇ、ホントねぇ、なくすね。息を止めて接しましょう。
マイクロSIMと比較
SIM_Adapter
↑同じauのiPhone 4Sに入ってたマイクロSIMざんす。中央は今回、仲介役を買って出られたナノSIMアダプター(通称SIMゲタ)さんです。
さっそくゲタを履いていただきます
SIM_Adapter
↑サイズ的にはマイクロSIMの人と同じ背丈になっておりますが、端子部の面積はぜんぜん異なります。ん〜、コレはちょっとイヤな悪寒も……。
入れちゃうよ……いい……?
SIM_Adapter
↑ゆっくりとだから。ゆっくり……ん!
こ、これは!
SIM_Adapter
↑続きは紙(週刊アスキー)で!

iPhone5まとめ

 

 ……。

 

 ……。

 

 ……。

 

 

 ……さすがに、コレじゃみんなたちに嫌われそうなので(実際、週刊アスキーをお読みいただければ、もっといろいろとわかるんですけどね)、結果はといいますとですね……。

 基本的には、コレ、オーケーだったんですよ。ええ、イケちゃったんですよ、古巣は受け入れてくれたんです。捨てたのに。乗り換えたのに。健気に待っていてくれたんですね……。ただ、再アクティベーションを求められました。愛情の確認ですかね。

 ってことは、もう一方のキャリアのほうも……、案の定、ソフトバンクのマイクロSIM'(黒)でも利用できました

  さて、ゲタがいけるなら、どうしても逆もいけそうな気がしちゃうってのが人情ってもんや。やっぱりSIMロックフリーの端末で試したいですよね! かしこマリコ。もう少々お待ちくだ……え、もうiPhone 5いじるのに必死で、こんな記事どうでもいい? あそう。ん、いいんだ、それで。それでいい。

※SIMアダプターの使用はメーカーの保証外となります。最悪、端末の故障を招く危険性がございます。というか、リスキーネタである以上、すべてはあんたはんの責任でお願いしたい、とアックン・オッペンハイマーは述べています。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!