週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ゲームに特化した「Xperia 1 IV Gaming Edition」はゲーミングスマホと何が違うのか

2022年11月03日 12時00分更新

 SIMフリー版「Xperia 1 IV」と、専用のゲーミングギア「Xperia Stream for Xperia 1 IV」をセットにした「Xperia 1 IV Gaming Edition」が、10月14日に発売された。専用のギアを装着することでゲームをどれだけ楽しみやすくなるのか、一般的なゲーミングスマートフォンとは何が違うのかを、実機から確認してみたい。

「Xperia 1 IV」はメモリーなどが強化もミリ波は削除

 まずはXperia 1 IV Gaming Editionの「Xperia 1 IV」について確認すると、SIMフリー版ではあるが基本的なデザインや性能はキャリア向けのものと大きく変わらない。ディスプレーはアスペクト比21:9で4K解像度、120Hz駆動の6.5型で、サイズは約71×165×8.2mm、重量は約187g。デザインもキャリアロゴがないことを除けば大きな違いはない。

Xperia 1 IV Gaming Editionの「Xperia 1 IV」はSIMフリー版。本来同梱されるXperia 1 IVはブラックなのだが、発売前に端末をお借りした都合上、同じSIMフリーモデルのアイスホワイトを使用している

背面から見たところ。キャリアロゴなどがない以外、やはりキャリア向けモデルと大きな違いはない

 Xperia 1 IV最大の特徴となっているカメラについても、メインカメラはいずれも約1220万画素のイメージセンサーを採用し、35mm判換算で16mm、24mm、そして85~125mmの可変望遠カメラという点は変わっていない。VLogの撮影やライブ配信などに活用できる「Videography Pro」が搭載されている点も共通だ。

カメラは35mm判換算で超広角の16mm、広角の24mm、そして85~125mmに可変する望遠カメラの3つ。こちらも他のXperia 1 IVと大きな違いはない

 搭載するチップセットも、クアルコム製のハイエンド向けとなる「Snapdragon 8 Gen 1」で、現行モデルでは最高クラスの性能を持つのでゲームプレイに不足はない。バッテリー容量も5000mAhと大きく、電源キーと一体型の指紋センサーを備えるほか、IPX5/IPX8の防水、IP6Xの防塵性能に対応、FeliCaも利用可能であるなど、やはり基本的な部分に大きな違いはないようだ。

ゲーム向けということでベンチマークも改めて確認。こちらは「Geekbench 5」のベンチマーク結果

こちらは「3DMark」(Wild Life Extreme)のベンチマーク結果

 一方で違いがある部分の1つがメモリとストレージだ。キャリア向けモデルはメモリーが12GB、ストレージが256GBだったのに対し、SIMフリー版モデルはメモリーが16GB、ストレージが512GBと強化がなされている。最大1TBまでのmicroSDを追加できる点は変わっていないことからストレージの充実度は高く、ゲームプレイに重点を置き性能を向上させている点はうれしい。

SIMフリー版はメモリーとストレージが増強されており、ストレージは標準で512GBの利用が可能だ

 ただスペックダウンしている点もあり、それがモバイル通信だ。SIMフリー版も物理SIMとeSIMのデュアルSIM仕様ではあるのだが、キャリア向けモデルと違って5Gのミリ波に対応していない。後述するXperia Stream for Xperia 1 IVのことを考慮すると、ゲームプレイにはモバイル通信より自宅などの固定回線を使用することを重視しているからだと思われるが、通信性能にこだわる人には残念なところだろう。

専用ギアはサイズが大きいが持ちやすい

 続いて「Xperia Stream for Xperia 1 IV」だが、こちらは単体では動作せず、Xperia 1 IVに装着して利用する機器となる。

 本体サイズを確認すると、横にした状態で約185×80×39mm、重量は約142g。Xperia 1 IVに合わせた設計なので幅と高さはXperia 1 IVに近いが、厚みがあり大きさもそれなりにある。

「Xperia Stream for Xperia 1 IV」の本体。中央に備わっているのが空冷用のファンで、手に触れる部分にはドット調の加工が施されている

本体を装着しない状態で前面から見たところ。右側にUSB Type-C端子が備わっていることがわかる

本体と並べてみたところ。Xperia 1 IV専用の設計ということもあってサイズ感は近い

 ただ、これだけの大きさとなっているのは、中央にファンを搭載していることや、横に持った状態で手になじみやすいデザインを考慮したためだろう。Xperia Stream for Xperia 1 IVを装着した状態で外に持ち出し、通常のスマートフォンのような使い方をするとは考えにくいので、そこまで大きさを意識する必要はないように思える。

実際に装着して「Tower of Fantasy(幻塔)」をプレイ。「原神」より重いとされているタイトルだけあって、グラフィック設定を最高水準にまで引き上げるとXperia 1 IVの性能でもフレーム落ちなどが起きる

 実際に装着する際は、まず本体の左部分をスライドして外し、Xperia 1 IVのUSB端子をXperia Stream for Xperia 1 IVに装着した後、左部分を元に戻すだけと、専用デバイスということもあって非常に簡単だ。電源供給はXperia 1 IVからなされるので、装着しただけで利用できる。

Xperia 1 IVを装着するにはまず本体左側をスライドして外す

その後、Xperia 1 IVをUSB端子に接続するよう挿入し、左側を元に戻せば装着完了だ

 装着した時の持ち心地だが、側面、背面にドット状の加工が施されており、しっとりした触感で滑りにくい。また中央にファンがあるものの、傾斜がかかっているためファンに指がかかりにくい設計になっていることから、持ち心地は全体的に良好。専用デバイスならではの高いフィット考えられるのはうれしい。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう