週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

GPU負荷を下げるとゲームによっては他を圧倒!?「Ryzen 7000シリーズ」全モデルレビュー【ゲーム編】

2022年09月27日 11時00分更新

「Rainbow Six Siege」でGPU負荷を解き放つと……

 まずはFPS系、軽めのものから試してみよう。最初に試すRainbow Six Siegeでは、APIにVulkanを選択。画質“最高”+レンダースケール100%設定時と画質“最低”時でそれぞれフレームレートを計測した。計測に使用したシーンはゲーム内ベンチマークである。

Rainbow Six Siege: Vulkan API、最高画質、1920×1080ドット時のフレームレート

Rainbow Six Siege: Vulkan API、最低画質、1920×1080ドット時のフレームレート

 今回の検証では画質設定に関係なくRyzen勢が好調。最高画質ではほとんどのCPUが平均500fps程度付近で横並びに近い状態だが、最低画質になるとRyzen 7000シリーズのフレームレートが一気に伸びた。8コア以上のモデルでは横並びだが、Ryzen 5000シリーズも第12世代Coreも到達できないフレームレートを出せている。

 そして注目のRyzen 5 7600Xだがこの時点でCore i9-12900Kの平均フレームレートに並ぶどころか、わずかに上回っている点に注目したい。

「Apex Legends」ではフレームレート制限が邪魔をする

 次はApex Legendsだが、こちらは画質系全項目を最高にした設定と最低にした設定でフレームレートを計測した。計測には射撃練習場を利用し、一定の行動をとった時のフレームレートを比較する。起動オプションでフレームレート144fps制限は解除(+fps_max unlimited)済みだ。

Apex Legends:最高画質、1920×1080ドット時のフレームレート

Apex Legends: 最低画質、1920×1080ドット時のフレームレート

 144fps制限を解除しても300fpsで頭打ちになるゲームであるため、どのCPUでもほとんど差が出ない。強いて言えば最低フレームレートに微妙な差は出ているが、この程度はブレの範囲でもある。

GPUボトルネックが解消された時に注目の「Tiny Tina's Wonderlands」

 続くTiny Tina's Wonderlandsでは、APIにDirectX 12を選択し、画質“バッドアス”と“最低”でフレームレートを計測した。計測に使用したシーンはゲーム内ベンチマークである。

Tiny Tina's Wonderlands: DirectX 12 API、最高画質、1920×1080ドット時のフレームレート

Tiny Tina's Wonderlands: DirectX 12 API、最低画質、1920×1080ドット時のフレームレート

 最高画質設定では平均fpsでCore i9-12900Kが僅差でトップに立ったが、最低フレームレートはRyzen 7000シリーズの方がわずかに高い。

 だが画質を最低設定とすると、Rainbow Six Siegeと同様にRyzen 7000シリーズのパワーが爆発する。ただ最速は最多コアを誇るRyzen 9 7950Xではなく、1CCDでコア間レイテンシーが最短、かつ8コアのRyzen 7 7700Xとなった。

 Ryzen 5000シリーズと比較すると、メモリー帯域やコアのIPCに優れるRyzen 7000シリーズの優位性が再確認できる。ただゲームエンジンの特性からか、ゲームの画質をかなり下げないとCPU性能の差が実感できない。だがGPU負荷を十分に下げれば、Ryzen 5 7600Xは第12世代Coreを圧倒するパフォーマンスを発揮できる。AMDの言い分はあながち誇大表現でもないようだ。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう