週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

1億画素カメラ/5G/FeliCaが入って4万4800円の超コスパ! 「Redmi Note 11 Pro 5G」レビュー

2022年07月09日 12時00分更新

 シャオミはミドルクラスのAndroidスマホ「Redmi Note 11 Pro 5G」を5月19日に発表、5月30日に販売を開始しました。本製品はプロセッサーにミドルレンジクラスの「Qualcomm Snapdragon 695G 5G」を採用。5G通信に対応し、FeliCa(おサイフケータイ)機能も搭載しつつ、4万4800円(税込)という低価格を実現しています。今回本製品の製品版を借用したので、実機レビューをお届けしましょう。

シャオミ「Redmi Note 11 Pro 5G」シャオミオンラインストア価格:4万4800円

1億800万画素カメラに5G
FeliCa、128GBで実売4万円切り!

 Redmi Note 11 Pro 5GはOSに「MIUI 13」(Android 11ベース)、プロセッサー(SoC)にSnapdragon 695G 5Gを採用。メモリーは6GB、ストレージは128GBを搭載しています。microSDカードスロットが用意されており、最大1TBまでのメモリーカードを装着可能です。

 ディスプレーは約6.67型フルHD+有機EL(2400×1080ドット、395ppi、HBM700nit・標準値、1200nitピーク輝度・標準値、コントラスト比450万:1、DCI-P3広色域、リフレッシュレート120Hz)を採用。有機ELなのに、HDRコンテンツ再生に対応していない点は残念です。

 カメラは約1億800万画素広角(F1.9、0.7μm、1/1.52)、約800万画素超広角(F2.2、FOV118度)、約200万画素マクロ(F2.4)、約1600万画素フロント(F2.4)を搭載。望遠カメラはありませんが、最大10倍のデジタルズームに対応しています。

 5G通信はSub 6に対応(ドコモ4.5GHz帯は非サポート)。Wi-Fiは11ac、Bluetooth 5.2、FeliCa(おサイフケータイ)、NFCなどをサポートしています。

※初掲出時、Wi-Fiの規格に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

 本体サイズは約76.1×164.19×8.12mm、重量は約202g。バッテリーは5000mAh。67WのACアダプターが同梱されており、15分で約50%、42分で100%のフル充電が可能と謳われています。

 シャオミオンラインストアでの価格は4万4800円ですが、ミドルレンジでこの価格帯は非常にインパクトがありますね。

本体サイズは約76.1×164.19×8.12mm、重量は約202g。ディスプレーは約6.67型有機EL(2400×1080ドット、リフレッシュレート120Hz)を搭載

有機ELディスプレーを搭載しているだけに画像、映像を鮮やかに表示できます

リフレッシュレートは120Hz、60Hzのいずれかに設定できます

本体背面。カラーはポーラーホワイト、グラファイトグレー、アトランティックブルーが用意

上面には3.5mmヘッドセット端子、スピーカー、マイク、IRブラスター、下面にはスピーカー、マイク、USB Type-C端子、カードトレイを用意

右側面にはボリュームボタン、指紋認証センサー一体型電源ボタンを配置

カードトレイにはnanoSIMカードとmicroSDメモリーカードを装着可能。eSIMにも対応しています

本体の重量は実測205g

パッケージには本体、保護ケース、ACアダプター、USB Type-Cケーブル、SIM取り出しツール、クイックスタートガイド、保証に関するお知らせが同梱されています

同梱されている保護ケースはTPU素材のソフトタイプ。USB Type-C端子をふさぐカバーが用意されていますが、ちょっとジャマですね

同梱されているACアダプター「67Wターボチャージ」とUSB Type-Cケーブル(コード長実測100cm)

同梱されているACアダプターの型番は「MDY-12-EJ」。仕様は入力100-240V~1.7A、通常出力は5V 3A、高速出力は5-20V 6.2-3.25A、最大容量は67W

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう