週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

店舗によって違いアリ!?秋葉原の4店舗でRyzen&Radeonなどの最新事情を聞いてみた

2022年06月27日 11時00分更新

文● ジサトラハッチ 編集●ASCII

品揃えの見易さはピカイチ!
Radeon RX 6400の派手な展示も目立っていた

 最近はテレビCMでゲーミングブランド「GALLERIA」の名を聞くことも増えたサードウェーブが展開するPC専門店のドスパラ。その「ドスパラ秋葉原本店」にて店長の久末氏にお話しを伺った。

店舗名:ドスパラ秋葉原本店
所在地:〒101-0021 東京都千代田区外神田3-11-2 ロック2ビル 1F~3F/5F
営業時間:平日 11:30~20:00 ※買い取り受付は19:30まで

※製品の価格は2022年5月末の取材時のものです

「ドスパラ秋葉原本店」店長の久末氏のオススメは、最近価格も下がってきてクリエイターの方にも人気なRyzen 9 5900X

「ドスパラ秋葉原本店」はカウンター近くの大型ディスプレーに販売されているCPUやメモリー、ストレージがずらりと細かに分類、色分けされ表示されている。非常に見やすいうえに、欲しい製品は発券機で注文札を発券し、それをレジのスタッフに渡して購入できる、とてもシステマチックでスムーズに製品が購入できるようになっている。

今回取材した店舗で唯一発券機でシステマチックに製品購入ができたのはドスパラだけだ

 また、今回取材した中で最も通路が広く、個装箱を正面に向けて配置し、パッと見の視認性はピカイチだ。スペースを広々と使った圧迫感のない店内ディスプレイは、あまりPC専門ショップに馴染みのないライトユーザーにも受け入れやすいように感じる。

マザーボードなどはできる限り正面を向くように配置され、PCケースはできるだけ内部が見えるように配置されていた。PCケースのラインアップもカラフルな製品が多く展示されている印象を受けた。また、棚と棚の間のスペースは他店舗よりも広く、ゆっくりと製品を選べる

ライトゲーマーにRyzen 5 5600Gが人気

 そんな「ドスパラ秋葉原本店」の売れ筋製品は何か、まずはCPUについてお聞きすると、「直近に出たRyzen 7 5800X3Dはとても人気で、入り次第売り切れになっています」とのこと。それ以外だと、内蔵GPUを備えた「Ryzen 5 5600G」が非常に売れているという。ビデオカードの価格がまだ高いこともあり、まずはビデオカードなしでPCを組みたいという人や、ライトなゲームをプレイしたいという人に需要がある。

競合の同価格帯CPUよりも内蔵GPU性能に優れ、6コア/12スレッドで2万5500円(ドスパラ価格)とお買い得な価格の「Ryzen 5 5600G」。ちょっとしたオフィス作業や、簡単な動画編集などにも十分対応可能な性能なので、まずはビデオカードなしで安価にPCを組みたい人の選択肢として人気のようだ

 新型コロナ感染症の影響でテレワークが増え、自宅で趣味も仕事も1台のパソコンで行ないたいという人が増え、そのためAPUを使ってまずは安価でPCを組み、後にビデオカードを搭載する、といったお客様が増えたことも要因になっているようだ。また、やはり実況配信をしたいという人は増えており、そういった人には8コア/16スレッドのRyzen 7 5800Xあたりが人気を博している。

 取材当日、発券機の前にはRadeon RX 6400が大々的に展示されていた。2年前の取材でもお聞きしたが「ドスパラ秋葉原本店」にはインテル、AMD、どちらも好きなスタッフがおり、2階のPCパーツフロアでは今回のようなAMD関連の気合の入った展示が実施されていることがある。気になる人は、秋葉原に行った際には、ぜひ覗きに行ってみよう。

AMDとRyzenロゴのクロスがかかったテーブルの上に、Radeon RX 6400が積み上げられ、黒を基調としたPCケースにRyzenカラーのLEDで光らせたPCでのデモ機も展示されていた

取材時には、AMD CPUまたはビデオカードを購入すると、AMDのノベルティー3点セットが貰えるキャンペーンも実施していた

 ちなみに、人気のあるビデオカードはRadeon RX 6700 XTで、取材した日には売れ切れているモデルも見られた。Radeon RX 6000シリーズは、従来のモデルよりも競合のGeForceに対抗できる性能を発揮する。現在は競合の値下げによりミドルクラスの価格比は厳しいが、ハイエンドモデルは性能の割にお買い得なので、重量級のAAAタイトルを遊びたい人の選択肢としては魅力的だ。

家族連れや女性客も増加

 お客様の比率としては、コロナ禍が明ける頃から小学生や中学生の子供を連れた家族が増えたという。加えて、配信用におしゃれなPCを組みたいといったような女性の比率が上がってきた印象があるそうだ。従来のPCパーツは黒い製品が多かったが、ピンクのビデオカードや光るパーツなど、おしゃれなパーツも増えてきたのも影響しているかも、とのこと。

 ちなみにPCケースでは、MSIとドスパラがコラボしたドスパラ限定販売モデルが非常に人気。また、NZXTやZALMANのPCケースも人気のようだ。

「MAG VAMPIRIC 300R PACIFIC BLUE」は、エアフロ―に優れたE-ATXまで対応したPCケース(取材当日は完売。同社ネットショップでは、記事執筆時1万2800円で販売されていた)

 マザーボードの売れ筋は、MSIのTOMAHAWKシリーズや、ASRockのPhantom GamingやSteel Legend。チップセットでは、予算をできるだけ抑えたいということでB550マザーボードの方が出ているようだ。ストレージの売れ筋ラインは、M.2 SSDだとWD Blue SN570のコスパが良く売れているという。容量は以前のように容量の少ないSSD+HDDの組み合わせではなく、1TB SSDだけを選択する人が増えてきている印象がある。HDDは内蔵ではなく、後で外付けで購入する人が多くなっているそうだ。

 全国に店舗を展開し、長年PC専門ショップとして愛され続け、テレビCMの実施などによりライトユーザーの認知度も獲得しているドスパラ。今回取材した「ドスパラ秋葉原本店」は、通路を広々と取り、製品の視認性に考慮した展示が印象的。急にPCパーツが必要になって探し回ることのある筆者の経験則でいうと、一見製品数が少ないように思えるが、他店舗で売り切れているCPUが販売されているなど、メジャーパーツの在庫数は多い印象だ。

 1階にはBTO PCも展開しているので、自作入門者からこれからゲーミングPCを買おうとしているライトユーザーにオススメの店舗だ。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう