週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

「2025年、ITサービス業界で世界トップ5に入る」NTTデータ本間洋社長

2022年05月30日 14時00分更新

今回のひとこと

「2025年には、ITサービス業界において、グローバルトップ5に入ることを目指している。グローバルで信頼される企業ブランドをしっかりと確立していく」

(NTTデータの本間洋社長)

NECや富士通の売り上げ規模を中期的に超す計画

 NTTデータは、2025年度を最終年度する新中期経営計画を発表した。

 2025年度の連結売上高は4兆円超、連結営業利益率は10%(4000億円)、海外EBITA率は10%を目指すほか、年間売上高50億円以上あるいは5000万ドル以上となる顧客基盤で120社の獲得を目指す。

 新たな中期経営計画の起点となる2021年度の連結業績は、売上高が前年比10.1%増の2兆5519億円、受注高が前年比8.0%増の2兆4008億円、営業利益が前年比52.8%増の2126億円、税引前利益が前年比65.5%増の2158億円、当期利益が前年比86.1%増の1430億円。営業利益率は8.3%だった。

 これらは、前中期経営計画の主要項目をクリアしたものであり、売上げ、利益ともに過去最高を更新。33期連続での増収も達成している。

 新中期経営計画は、これをさらに拡大する成長戦略となる。4年間で売上高は1.6倍、営業利益は約2倍と、高い成長を見込む。現時点では、富士通やNECの売上げ規模を下回るが、2025年度のNECの中期経営目標の3兆5000億円を上回り、2022年度に売上収益目標で3兆7000億円を目指している富士通も、同社の次期中期経営計画の設定次第では、これと同等水準だったり、上回ったりする可能性もある。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう