週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ANA、FeliCaからQRへ 今後はスマホで“おもてなし”

2022年05月30日 09時00分更新

FelicaからQRコードに一本化

 これまでANAでは「スキップ」と呼ばれる仕組みを20年近く運用していた。これは事前に予約、購入、座席指定をしておけば、チェックイン機を使うことなく、保管検査場や搭乗口、ゲートでかざすことでスムーズに飛行機に搭乗できるというものだった。

 このとき、搭乗者の確認をするために必要となったのが、FeliCaというICチップを搭載したクレジットカードやケータイ、スマートフォン、もしくはQRコードだ。

 特に便利なのがクレジットカードで、搭乗口でクレジットカードをかざすだけで乗れてしまうこともあり、ANAを国内出張で頻繁に使うビジネスパーソンに愛用されていたのだった。

 ANAではスキップを2023年4月以降に廃止する。これにより、FeliCaでの搭乗手続きはできず、QRコードに一本化される。

 ANAでは「QRコードのほうがグローバルスタンダードといえる。QRコードであれば海外からのお客様も利用しやすいのではないか」(担当者)という。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう