週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

待ってた! すき家の「シーザーレタス牛丼」が今年も 濃厚チーズ味がイイね

2022年05月23日 18時30分更新

文● ナベコ 編集●ASCII

 牛丼にシーザーソース、おいしいんです。すき家は初夏の定番メニュー「シーザーレタス牛丼」(並550円)と「シーザーレタス牛丼 スーパーフードMIX」(並630円)を5月18日から発売中です。

■初夏の定番「シーザーレタス牛丼」発売

 牛丼に、シャキシャキ食感のさわやかなレタスと濃厚なシーザーソースを組み合わせたアレンジメニュー。「スーパーフードMIX」はさらにケール、くるみ、アーモンドと栄養価の高い食材をトッピングしています。

「シーザーレタス牛丼」ミニ 480円/並盛 550円//中盛 700円/大盛 700円/特盛 850円/メガ 1000円

「シーザーレタス牛丼 スーパーフードMIX」ミニ560円/並盛 630円/中盛 780円/大盛 780円/特盛 930円/メガ 1080円

 「シーザーレタス牛丼」が最初出たのは2018年。当初は「牛丼にシーザーレタスの組み合わせなんて想像できない……」とわたしも半信半疑でしたが、実際に食べてみるとチーズを使用したシーザーソースは牛丼と相性良好。“初夏の定番”としてふさわしい完成度です。

「シーザーレタス牛丼 スーパーフードMIX」をテイクアウトしました!

 写真は「シーザーレタス牛丼 スーパーフードMIX」。今年もさっそく買ってきました。レタスでお肉がおおわれて、見た目は牛丼に見えませんね。青汁で定番の「ケール」や、抗酸化作用があるともいわれる「アーモンド」、オメガ3脂肪酸、ポリフェノールが豊富な「くるみ」が入っています。青々としてなんとなく身体によさそう。

ケールは少し苦いです

 さっぱりしているのかなと想像して食べてみると、シーザーソースが濃厚でまったり。このシーザーソース、ゴルゴンゾーラ、レッドチェダーチーズ、パルメザン、エダムチーズを加えているということで、濃厚コク深です。さらに、シーザーサラダにはテッパンの「ベーコン」も細かくカットされて隠れていますよ。口に運ぶごとに、ベーコンの塩気も感じられて、旨さで攻めてくるのが魅力。

レタスの下にはしっかりお肉。見た目はサラダのようですが、牛丼+レタス+シーザーソースなので、しっかり食べごたえがあります

 ケールはわずかに苦いです。シーザーソースと絡めることで、あまり気にならない程度の苦み。くるみやアーモンドのコリコリした食感も噛む回数が増えて満足度があがりますね。

 レタスのみずみずしさや、シーザーソースの酸味で後味はさっぱりします。う~ん、しっかり食べごたえあるのに不思議と罪悪感少なめ。そんな、「シーザーレタス牛丼」「シーザーレタス牛丼 スーパーフードMIX」。今まで「牛丼にシーザーって想像できない!」と避けていた人も、毎年出るのが納得のヤミツキ要素あるメニューなので味わってみてはいかがでしょう。

 もちろん、毎年食べている人もお忘れなく!

※記事中の価格は税込

■関連サイト


■YouTubeやってます!

 アスキーチャンネルでは毎週金曜日12時30分~、注目のグルメ情報をピックアップする「アスキーグルメNEWS」を生配信。チャンネル登録してね!

 ご意見、要望、ネタ提供などはアスキーグルメ公式Twitterまで
アスキーグルメ (@ascii_gourmet)

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう