週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

3D都市モデルでスマートシティはどう進化するのか【3/11配信】

2022年03月03日 08時00分更新

 アスキーは、AI、ウェアラブル、HR、ロボットにとどまらないさまざまな事業者が集結するビジネス交流イベント「JAPAN INNOVATION DAY 2022 by ASCII STARTUP」を3月11日(金)から18日(金)にかけて開催します。3月11日18時には、「3D都市モデルでスマートシティはどう進化するのか」をオンライン配信いたします。

■■JAPAN INNOVATION DAY 2022 無料チケットはコチラから!■■
■■ Peatix | イベントレジスト ■■

セッション概要
 国土交通省が主導する、日本全国の3D都市モデルの整備・活用・オープンデータ化プロジェクト「PLATEAU」特別セッション。「バーチャル・シンガポール」など、世界各地で都市デジタルツインを手掛けるダッソー・システムズの熊野和久氏とともに、都市のスマート化や新たなビジネス創出について議論を交わします。

登壇者

国土交通省 都市局 都市政策課
課長補佐
内山裕弥氏

1989年東京都生まれ。東京都立大学、東京大学公共政策大学院で法哲学を学び、2013年に国土交通省へ入省。水管理・国土保全局、航空局、大臣秘書官補等を経て現職。

ダッソー・システムズ株式会社
パブリックセクター ディレクター
熊野和久氏

早稲田大学政治経済学部卒。1984年CSK(現SCSK)入社。91年日本マイクロソフト入社。社長室長、経営企画室長、事業開発部長、エンタープライズマーケティング担当部長などを務める。2016年ダッソー・システムズ入社、スマートシティ推進担当部長。昨年1月よりパブリックセクター ディレクターとして、官公庁・自治体向けビジネスの責任者。

『JAPAN INNOVATION DAY 2022』
【会場ブース展示交流会】
2022年3月18日(金)開場 10:00  閉場18:00(予定)
■会場
赤坂インターシティコンファレンス
107-0052 東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR 4F(the AIR)
【オンラインセッション配信】
2022年3月11日(金)〜3月17日(木)(土日を除く各日 18:00から1~2セッションを予定)
2022年3月18日(金)(9:30〜18:00を予定、複数セッションを実施)
■主催:ASCII STARTUP
■協賛・協力:TIS、D2Garage、NTTコミュニケーションズ、玉川大学
■出展企業:Acculus、AFUR、AnchorZ、AsMama、Catalu JAPAN、Engineerforce、Hexabase、Hogetic Lab、Insight Tech、KINCHAKU、Medifellow、PLEN Robotics、SandBox、Spacial、yuni、ZAICO、アドリブ、エクストリームーD、エバーブルーテクノロジーズ、エフィシエント、ケップル、クォンタムオペレーション、コグニティ、シェアウィズ、シーエス・ワークス、バカン、パルケ、ヒュービシステム研究所、ミツカリ、モーションリブ、モノコトデザイン
※日程・内容は予定です。都合により変更となる場合があります。

「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」配信のご案内

ASCII STARTUPでは、「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」と題したメールマガジンにて、国内最先端のスタートアップ情報、イベントレポート、関連するエコシステム識者などの取材成果を毎週月曜に配信しています。興味がある方は、以下の登録フォームボタンをクリックいただき、メールアドレスの設定をお願いいたします。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう