週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

家族が増えました! コツメカワウソファミリー

2022年02月26日 12時00分更新

 みなさん、こんにちは!

 横浜・八景島シーパラダイスの飼育員がお届けする「生きもの日記」。

 第11回は、水族館「アクアミュージアム」の陸生動物が暮らすエリア「フォレストリウム」を担当している新井かおりがお伝えします。

 前回の記事はこちら。飼育員が選ぶ!セイウチの魅力4選

 ※過去の連載記事はこちら:横浜・八景島シーパラダイスの飼育員生きもの日記

 2021年4月に掲載した第1回目のコラムで、2021年2月4日に誕生したコツメカワウソの赤ちゃんについて紹介いたしましたが、今回はそのカワウソファミリーの続編をお届けしていきます。

 2021年10月26日、お父さん「レラキ」とお母さん「ムーア」の仲良し夫婦の間に2度目の繁殖があり、赤ちゃんが5頭誕生しました。

生後2日目の赤ちゃんたち

 今回の出産では、前回の経験からムーアがさらに良い環境で安心して出産できるように準備を行い、同時に、前回に誕生したお姉さん「ハピア」が同居する中での出産に挑戦となりました。

生後2か月のハピア、お母さんにおさかなをもらっています。

 出産日当日はムーアが朝方からうなるように鳴き、出産が近いと思われましたが、ごはんを持っていくといつものようにすべて完食!いつ産まれるのか…とカメラ越しに観察を続けました。そして夜になり、無事に赤ちゃんを出産してくれました。

 1頭ずつ誕生するたびにムーアとレラキは手慣れた様子で赤ちゃんを抱きかかえてお世話をするなど今回も息ぴったりな様子でした。

優しいイクメンパパ、レラキ

 初めて赤ちゃんを見たハピアは、しばらくはじっと見守るのみでしたが、3頭目が誕生したころから、指先でさわってみたり、顔を近づけてみたりと、何度かふれる様子が確認されはじめました。そして遂に、ムーアが力んで抱えていた赤ちゃんを手放したタイミングで、ハピアが赤ちゃんを抱っこしてお世話を始めたのです!

 上手に抱きかかえるお姉さんの様子に一安心の瞬間となりました。

みんなに抱っこされ眠る赤ちゃんたち、左からレラキ、ハピア、ムーア

 ハピアのお姉さんぶりはその後何度も発揮され、離乳の時期には赤ちゃんたちにおさかなを渡しに行き、遊ぶときは先頭であちこちに走り回り、どの場面を切り取っても、コツメカワウソの社会性の高さを感じることができ、見ている私たちも温かい気持ちになりました。

おさかなを渡すハピア、2022年2月4日で無事1才になりました

  さて、そんなコツメカワウソファミリーですが、今年1月15日に一般公開し、皆さまもご覧いただけるようになりました。

 また、現在は繁殖計画の一環で、お父さんと男の子、お母さんと女の子に分かれて暮らしています。家族を分けたときに、お母さんがいなくても男の子の赤ちゃんたちは大丈夫かなど心配でしたが、それぞれのグループで元気いっぱいに過ごしてくれています。

 貴重な経験をさせてくれている動物たちに感謝を忘れず、それぞれの場所で幸せに暮らせるよう、私たちもカワウソたちと日々楽しい時間を共有しながら過ごしていこうと思います。

展示場に出る練習。お母さんの後ろを追いかけます

みんなでごはんをもぐもぐ。おさかなを食べる練習中です

 最後に、目の前で見る動物たちは魅力たっぷり、愛嬌たっぷりで、私も魅了された一人です。なかなか足を運びにくいご時世ではありますが、ぜひ皆さんも魅了されにいらしてください!また、そのときは気軽にお声がけください★


横浜・八景島シーパラダイス
公式ウェブサイト:http://www.seaparadise.co.jp

■シーパラ公式SNSでも生きものの魅力発信中です!
 Twitter  :https://twitter.com/_seaparadise_
 Instagram:https://www.instagram.com/seaparadise_official/
 Facebook :https://www.facebook.com/hakkeijima.seaparadise/

チケット売場に並ばなくても直接水族館に入れる「直チケ」を販売開始しました。
ご利用日の14時まで購入可能です。
http://www.seaparadise.co.jp/cyoku_ticket/index.html

★電車でスイスイお得にシーパラ★
 水族館と電車乗車券とクーポン券がセットでお得!!
 https://www.keikyu.co.jp/visit/otoku/seapara_kippu.html

文/新井かおり

2013年入社。フォレストリウム担当。春になったらガーデニングを始めようと思います。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう