週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

アウディ「e-tron 50 quattro advanced」は静かで大きくて速いという全部入りEV

2021年12月25日 15時00分更新

文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) モデル●寺坂ユミ(@129Ym_afilia)編集●ASCII

オプションは任意だが
付けておいたほうが便利なものも

 ちなみに試乗車には、ほかにもアシスタンスパッケージ(アダプティブドライブアシスト&エマージェンシーアシスト+アダプティブウィンドウワイパー+アウディプレセンスベーシック&リアサイドエアバッグ+フロントクロストラフィックアシスト+マトリクスLEDライト&ダイナミックインディケーター、20万円)と、サイレンスパッケージ(プライバシーガラス+アコースティックガラス+Bang&Olufsen 3Dサウンドシステム 16スピーカー+パワークロージングドア、33万円)がついており、車両とオプションを含めたお値段は1258万円! 「ぶつけたら月々10万円の126回払いね」と、マネージャー氏から支払い期間延長が言い渡され、ゆみちぃ部長は寒さも手伝って、震えが止まらなくなってしまったばかりか、顔色まで悪くなってしまいました。

 フロントボンネットを開けると、大きな樹脂製ボックスが。フタを開けると充電ケーブルが出てきました。これとコンセントをつなげてクルマを充電します。ちなみに運転席側が通常充電用、助手席側が急速充電用になります。

安全運転支援系装備が満載で
運転のしやすさと安心感は別次元

 おそるおそるクルマを走らせるゆみちぃ部長。「本当に大きいですね。あと発進する時にいつもよりアクセルを踏まないと進まないみたいです」というのがファーストインプレッション。アクセルをある程度踏まないと発進しないのは、このクルマが標準でオートブレーキホールドが効いているから。ですから完全停止状態でブレーキペダルを離しても停止状態を維持するのです。

 「わずかにモーター音が聞こえますが、本当に静かですね。外の音もあまり聞こえないんですよ。それに踏むとすごく加速しますね。でも、以前乗ったほかの電気自動車に比べると、穏やかな感じがします」と分析。ちなみに車重は2.4トン以上で、それを2基のモーター(合計出力310馬力以上)によって、四輪駆動で走行します。コーナーリングも足腰がしっかりしたもので、コーナリング時のロールも最小限に抑えられています。「それに視界が広くて高いこともあって、運転していて気持ちがイイですし、何より疲れづらい気がします」と絶賛です。「それにアウディに乗っている、というドヤ感もありますね。大きさも手伝って、自分が偉くなったみたい(笑)」とドヤドヤしながら街を駆け抜けました。

 「ホントにイイですね。で、このクルマ、何キロ走れるんですか?」と部長。スペック上では316km走行できるようですが、実際はそこまでは……でしょう。もっとも走り方によって、EV車の走行距離は大きく変わります。おそらくガソリン車よりも。ですから、あくまで参考程度に。

 乗り終えたゆみちぃ部長は「同じドイツのクルマでも、MINI(BMW)とアウディでは乗り心地が全然違うんですね」と、自動車評論家のような事を言い出して驚く同行者一同。「MINI(BMW)は、地面に足がしっかりついた、重厚な乗り味。アウディはそれよりかは柔らかですね。でもシッカリ感はどちらも同じなんですよね」と、9ヵ月前までペーパードライバーだった娘さんとは思えない成長ぶりです。将来、アイドル自動車評論家として他媒体からオファーが来てしまうかも!?

 こうしてアウディが気に入ったゆみちぃ部長。「私でも買える値段で、そして運転しやすいアウディのSUVに乗ってみたいですね」ということで、次回はアウディ Q2あたりを試乗してもらおうかな、と考えています。

寺坂ユミ(てらさかゆみ)プロフィール

 1月29日愛知県名古屋市生まれ。趣味は映画鑑賞。志倉千代丸と桃井はるこがプロデュースする学院型ガールズ・ボーカルユニット「純情のアフィリア」に10期生として加入。また「カードファイト!! ヴァンガード」の大規模大会におけるアシスタント「VANGIRLS」としても活躍する。運転免許取得してから上京後は一切運転していないが、最近ペーパードライバーを脱出。こだわりが強く興味を抱くとのめりこむタイプであることから、お気に入りの1台を探す予定。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう