週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

かっぱ寿司「ラーメン凪」監修の煮干しラーメンを販売中! 好評の名店コラボシリーズ

2021年09月21日 19時45分更新

 ごきげんよう。くいしんぼう記者のナベコです。コスパ飯界隈では「かっぱ寿司」が1日限定「寿司全皿半額」を実施すると発表してざわついています。

9月26日に「寿司全皿半額」イベントを開催すると発表。

 「かっぱ寿司史上、前代未聞」「採算度外視」などあおるようなキャッチフレーズが踊っていますが、大げさではなく、ただでさえお安い価格帯の回転寿司チェーンでさらに半値にするとは、1日限定とはいえ身を切られる覚悟だったのではないかと想像します。

 寿司全皿半額は9月26日(日)の1日限定で開催。お得にたくさん食べたい人はお見逃しなく。ランチタイム、ディナータイムなどは来客が多いでしょうから、夕方など比較的に空いてそうな時間帯を狙うといいかも。

ただ今「ラーメン凪」監修煮干しラーメン発売中

 さて、そんなかっぱ寿司は今回の「全皿半額」とは別に、有名店「ラーメン凪」監修のラーメンをただ今発売しています。こちらも注目。

 本格ラーメンシリーズ第15弾「ラーメン凪」監修「“すごい”煮干ラーメン」を9月15日から期間限定で発売中。1杯462円。

ラーメン凪監修「“すごい”煮干ラーメン」462円

 かっぱ寿司では「有名店の味を身近なかっぱ寿司で」をコンセプトに、2018年6月から「本格ラーメンシリーズ」として全国各地の様々な有名ラーメン店とコラボしたラーメンを販売しています。第14弾までの累計販売数は950万食を突破。かっぱ寿司のヒットシリーズです。

 特に最近は、気軽に旅行できない状況ですので、本来はお店にいかないと味わえない有名店の味が、近くのかっぱ寿司で楽しめるという点でもニーズに応えているのではないか、ということ。

 節目となる第15弾は、煮干の濃厚な味わいが人気の、言わずと知れた名店「ラーメン凪」が監修した商品が登場。寿司と一緒に食べることを想定して、お店よりも煮干しのパンチはやや抑えた優しい味わいのラーメンとなっています。

 「ラーメン凪」というと、2004年に新宿歌舞伎町ゴールデン街のわずか4坪の店から創業したラーメン店。全国各地の生産地から厳選された20種類以上の煮干を毎月5トン以上仕入れ、凪独自のブレンドでこしらえた超濃厚な、日本一煮干を追求した“ニボい!”ラーメンが大人気。

 煮干しラーメンというと“くさい”というイメージがあるかもしれまえんが、凪のラーメンは濃厚なのに魚くささが突出しているわけではなく、煮干しのいいところを引き出し、さらに様々な味の要素をギュッと詰めたヤミツキ感のある味わいです。

煮干しの香りがしつつも、優しい味わい。

 さてかっぱ寿司で提供する「“すごい”煮干ラーメン」は、マイルドな豚系白湯をベースに、カタクチイワシを加えた濃厚な出汁の旨みが詰まったスープ。そこに、煮干・唐辛子・生姜・ニンニクなどをブレンドした赤ダレをトッピング。赤ダレを溶かしながら食べることで、さらに味に深みが増して変化が楽しめる仕様。

赤ダレを溶かすと味に深みが増します。

 香ばしい煮干しの香りがしながらも、強すぎず、食べやすい仕上がり。しっかり濃いのに穏やかなんですよね。お寿司の後に食べても、前に食べても邪魔しないでしないのがポイントでしょう。まるでラーメンのほうから自然と口に入ってくるかのような(!)舌になじむ感じは、ラーメン凪監修らしいバランスのよさです。店舗のものよりインパクトは薄れますが、煮干しラーメンが初めての人が食べても興味を持つにはぴったりな1杯。

追加で「追いシャリ」(110円)も加えられます。濃いスープにごはん足したくなる!

開催中の「北海道どさんこ祭り」が大好評 

 また、かっぱ寿司ではただ今「北海道どさんこ祭り」を開催中。

反響が大きく、すでに「ザンギ」など一部のメニューは売り切れてしまったそうです。

 北海道フェアはもともと人気があるフェアではありますが、今回は特に反響が大きく、すでに一部メニューは売り切れてしまったとか。10月3日までなので、今だけのネタを逃しなく。

・「北海道 ほっぺたお馳走などさんこ盛り」330円

 シャリ2貫に北海道産のほたて、かに、いくらをふんだんにのせ、さらにまぐろたたき&サーモンを重ね、トッピングにたくあんやたまねぎ、大葉を添えた“道産子”な一品。

刺身を崩しながら食べる欲張りなお寿司。

 他の回転すしチェーンでも、こういった2貫にまたがってネタを山盛りにしたネタが出てきていますが、見た目にもお祭り気分があって楽しいし、食べる場所によってネタや食感が変わってくるのもおもしろいです。サーモンなど脂がのったネタもありますが、大葉、玉ねぎなどがアクセントになるため、想像以上に食べ進めやすかったです。

・「北海道産 いわし」二貫165円

食べると違いが分かるイワシ。

 見た目は小ぶりだけど、食べてみると脂のりがいいことがわかります! さすが北海道のいわしは違う!

・「北海道産 コリコリ大つぶ貝」二貫330円

コリコリ感がアワビあたりにも近いです!

 「かっぱ寿司史上最高のコリコリ感」とうたう“つぶ貝”。食べてみると、おおげさではなく、まるでアワビのような歯ごたえでした。一見地味ですがオススメ。

・「北海道産 鮮度抜群スルメイカソーメン」二貫220円

シャキッとしています。

 珍しくないネタのように見えて、イカは3mmカットで幅厚め。新鮮なので“ねっとり”ではなく、“プリッ・シャキッ”としていました。

「北海道どさんこ祭り」は10月3日まで。

 他にも北海道どさんこ祭りのネタは盛りだくさん。人気のフェアなのでもし今の時期にかっぱ寿司にいったら北海道ネタをたらふく食べるのがオススメです。

 最近、かっぱ寿司では醤油の種類を増やしたり、わさびを見直して本わさびの割合を高めたり、細かい部分も実は進化しています。1日限りの「寿司全皿半額」はもちろん注目ですけれど、イベントではない日はその分落ち着けるでしょうし、かっぱ寿司を思い出したら行ってみるのも!?

醤油が特選・だし醤油・減塩の3種類に。特選醤油は地域ごとのテイストに合わせた醤油です。

本わさび入りの生わさび。なかなかに辛くてツーンときました。

※記事中の価格は“税込み”。

■関連サイト


■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

 ご意見、要望、ネタ提供などはアスキーグルメ公式Twitterまで
アスキーグルメ (@ascii_gourmet)

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう