週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

省スペースな23.8型 オールインワン・ベアボーンを買う!

KEIANのディスプレー一体型ベアボーンPCが3万9800円でさらに5000PTバック

2021年09月29日 11時00分更新

セカンドマシンとしてあると便利な一体型

 ひかりTVショッピングからお買い得なKEIANのベアボーンPCをご紹介。本来、ベアボーンは自作PCのパーツがセットになった未完成品だが、この『KI-AIO238PC-W10P』は、完成品の状態で販売されているディスプレー一体型PCだ。

 本体は23.8型ディスプレーの後部に内蔵されており、横幅は約542ミリ、奥行き約139ミリと省スペースで場所を取らないのが特徴だ。

 CPUはインテルのCeleron N4120、メモリーは4GBで、ストレージは120GBのSSDを搭載。スペック的にはエントリーモデル仕様だが、ウェブブラウジングや動画再生、オフィスツールくらいであれば快適に利用できる。また、ベアボーンPCだけあって、メモリーやストレージスロットに簡単にアクセスが可能で、増設や換装も気軽に行える。また、OSにWindows 10 Proを採用している点も見逃せないポイントだ。

 もうひとつの特徴は、外部入力用のHDMI端子を装備している点で、ゲーム機やノートPCなどを接続して、外部ディスプレーとしも利用できる。オンライン会議の際のモニター代わりなど、セカンドマシンとして、あると重宝する一台だ。

KI-AIO238PC-W10P
●メーカー:KEIAN
●ひかりTVショッピング価格(税込) 3万9800円


【ASCII限定】 5000PT進呈クーポン

クーポンコード:N5iM_ad9

・クーポン適用期間:2021年9月29日(水) 0:00~2021年10月30日(土) 0:00まで
・注意事項:クーポンのご利用は、お一人さま1回限り、1点まで購入できます。


購入者限定キャンペーン

①「WPS Office 2 Standard Edition ダウンロード版(バンドル専用)」 1ライセンスプレゼント(先着順
②「ソフティーナマスク 7枚入り」が付いてくる
③キャンペーンエントリーで、抽選で1名様に1万円相当の豪華商品が当たる!

※詳細は販売サイトでご確認ください。


ご購入はコチラから!

主なスペック
製品名 KI-AIO238PC-W10P
OS Windows 10 Pro(64Bit)
CPU Celeron N4120(1.10GHz/最大2.60GHz)
グラフィック Intel UHDグラフィックス600
ディスプレー 23.8インチ 非光沢IPS液晶
最大表示解像度 1920×1080ドット(FHD)
メモリー DDR4-2400 4GB×1 (空きスロット×1 最大16GB)
ストレージ SSD 120GB
ストレージスロット(空き) SATA3 M.2SSD スロット×1(最大2TBまで対応)
インターフェース USB2.0コネクタ×3、USB3.0コネクタ×2、HDMI入力、3.5㎜ヘッドフォンジャック、3.5㎜マイクロフォンジャック、LAN(RJ45)コネクタ、microSDカードスロット
通信 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth4.2
サイズ 約542(W)×139(D)×397(H)㎜(スタンド含む)

EDITORS EYE1
ベアボーンならではの充実した拡張性能

 本体背面の左右に、簡単に開閉できるパネルがあり、メモリーやストレージを楽に増設、換装できる。インターフェース類は背面中央あたりにUSB2.0×2、USB3.0×2とLANコネクタ、HDMIコネクタがあるほか、本体下部にもUSB2.0が1基とmicroSDカードスロットが用意されている。また、本体下部右側には、電源ボタンとPCとHMDI入力の切り替えボタンがある。

背面に各種拡張スロット装備

① メモリースロット

② 2.5incストレージベイ

③ MicroSDカードスロット&USB端子

④ 電源&モード切り替えボタン

EDITORS EYE2
超薄型で場所を取らない省スペース設計

 23.8型のディスプレーは超薄型。横から見ると、ディスプレー背面の下部にPC本体が内蔵された出っ張りがあるのが分かるが、それも込みでかなり省スペース設計だ。液晶はノングレアのIPSで最大解像度はフルHD(1920×1080ドット)。また、重量は約2.9kgで持ち運びも楽なので、設置場所を選ばず利用できる。

極薄ディスプレーを設置できるスペースでOK!

EDITORS EYE3
HDMI入力で外付けやサブのディスプレーとしても活躍

 本体背面にあるHDMI入力端子にゲーム機などを接続して、単に外付けディスプレーとしても利用できるのも魅力。セカンドマシンとして用意しておけば、攻略サイトを見ながらのプレイや、仲間とオンラインチャットをしながらゲームを楽しむこともできる。子ども用のファーストPCとしてもちょうどいいぞ。

ゲーム機などの外部機器との入力切り替えはボタンひとつで

※記載されている商品・販売価格は予告なく変更する場合がございます。

(提供:NTTぷらら)

 
この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう