週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

その場にいなくても自由に活動できる遠隔操作ロボット「Telexistence」

2021年08月18日 07時00分更新

 ベンチャー、スタートアップのサービス、事業の魅力を3分間の動画でお届けするASCII STARTUP ライトニングトーク。今回は、2021年7月15日に開催された「ニュー・ノーマル・テックピッチ」のイベントで登壇した、「遠隔存在」の技術を用いて遠隔操作ロボットを開発するTelexistence株式会社のスピーチをお届けする。

 プレゼンしてくれたのは、同社代表取締役CEOの富岡仁氏。スピーチの模様は動画をご覧いただきたい。

 同社は、エッセンシャルワーカーの労働力をネットさえあればどこからでも提供できる労働基盤の構築を目指している。その鍵となるのが遠隔操作ロボットだ。2020年9月には、竹芝にあるローソンの常設店で、人が遠隔操作ロボットを操って商品を陳列する実証実験も行っている。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう