週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

RTX 3050 Ti搭載で11万円台! MSI「GF63 Thin 10U」の実力を検証する

2021年07月19日 17時00分更新

文● 加藤勝明(KTU) 編集● ジサトラユージ/ASCII

基本的な性能をチェック

 まずは基本性能としてCPUパワーを「CINEBENCH R23」で、グラフィック性能を「3DMark」で、ストレージの読み書き性能を「CrystalDiskMark」でそれぞれ計測してみた。

「CINEBENCH R23」のスコアー。10分のテストラン後に計測するモードで測定している

「3DMark」Fire Strikeのスコアー。デスクトップPCでいうと、GTX 1650 SUPERあたりのGPUで見られるスコアーだ

同じく3DMarkのTime Spyのスコアー

こちらはPort Royalのスコアー。RTX 3050 TiはDXR(DirectX Raytracing)の処理も可能だが、見ての通り“とりあえず動く”レベルの認識にとどめておきたい

「CrystalDiskMark」によるSSDの読み書き性能。NVMe SSDの中では速度は控えめな部類だが、PCゲームの起動時間という点では十分高速

 最後に「PCMark10」のStandardテストの結果もご覧戴こう。

「PCMark 10」Standardテストの結果。動画編集のようにCPUパワーを強烈に使う処理はやや弱いが、それ以外の用途には十分なパワーを備える

60fpsプレイには十分なパフォーマンス

 では、ゲームにおけるパフォーマンス検証に入ろう。冒頭で述べた通り、本機は描画負荷の軽いゲームにターゲットを合わせている。その代表として、まずは「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク」(以下、FF14ベンチ)を利用した。画質は“最高品質”、解像度はディスプレーに合わせてフルHDとした。

FF14ベンチの実行結果

 

 FF14ベンチ中の平均フレームレートは78fps、最も低くなった瞬間でも35fps。本作程度の負荷なら最高画質でも十分遊べる。魔法やエフェクトが激しく飛び交うようなシーンを想定しているなら、画質を少々下げると良いだろう。

 続いて、同じMMO系として「PSO2 ニュージェネシス」(以下、NGS)のベンチマークも回してみた。画質は“高”設定としている。

NGSベンチの結果。平均フレームレートは60fpsを微妙に割り込む程度

 続いては「Rainbow Six Siege」(以下、R6S)で試してみよう。APIはVulkanとし、画質“中”設定で内蔵ベンチマークを走らせてみた。

「Rainbow Six Siege」のベンチマーク結果

 さすがに、R6Sといえど画質を盛るとRTX 3050 Tiでは平均60fpsを割り込んでしまうが、画質を中設定にすることで液晶のリフレッシュレート以上のフレームレートを確保できる。本稿の検証時以降に実装されたDLSSを使えば、さらにフレームレートが伸びる可能性もあるが、DLSSを使わずとも60fpsキープが十分可能だ。

 次のグラフは主要なeスポーツ系タイトルのフレームレートをまとめたものだ。「VALORANT」は最高画質設定でトレーニングステージで測定、それ以外の「Apex Legends」「Knockout City」および「Rogue Company」も画質中設定(真ん中の設定がない場合は上側に設定)とし、「CapFrameX」を利用してトレーニングやチュートリアルステージで計測した。

 Apex Legendsがフレームレートがやや落ち込みやすい傾向(スモークの中に入ると落ちやすい)があるものの、上記グラフで使用した軽めのゲームであれば、快適なプレイが期待できることがわかる。

まとめ:軽めのゲーム中心であれば良い選択

 GF63 Thin 10UのCore i5搭載モデルに重量級ゲームは似合わない。GPUがRTX 3050 TiゆえにRainbow Six SiegeやVALORANTといった軽めのゲームにターゲットを合わせて全てが調整されている。

 しかし、実売12万円と安い割には薄型で軽く、値段の割にバランスの良い設計のゲーミングノートPCといえるだろう。唯一不安点を挙げるとすれば、メモリー搭載量が8GBと少ない点だが、保証切れを覚悟で自己増設することもできるので大きな足枷とはいえない。軽めのゲームに限定されるRTX 3050 Tiのパフォーマンスに満足できるかどうかがカギといえるだろう。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう