週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

【連載】横浜・八景島シーパラダイスとコラボしたお弁当で、「お絵かきコンテスト」開催!

2021年07月28日 17時45分更新

 こんにちは! 崎陽軒公式キャラクターのひょうちゃんだよ!

 取締役広報部長も務めるひょうちゃんが、崎陽軒の最新情報やコラボ情報をはじめ、横浜への愛が詰まった情報を紹介する連載企画。

 ちょっとご無沙汰しちゃったけど、 第3回は、8月にスタートするコラボレーション企画について紹介するね。コラボする相手は、崎陽軒と同じように横浜に根付いた企業でもあり、また海外事業でもつながりのある「横浜・八景島シーパラダイス」なんだ。

 前回の記事はこっちだよ。

【連載】横浜市営交通100周年を記念したコラボ企画!「シウマイオールスターズ」が復活

※過去の連載記事はこちら:崎陽軒・ひょうちゃんの”横浜LOVE”プロジェクト

 2020年8月7日が何の日か知っている人がいたら、相当な“崎陽軒好き”か“シーパラ好き”な人だと思うよ。この日は、崎陽軒の海外1号店である台湾崎陽軒「台北駅店」と横浜・八景島シーパラダイスが日本の水族館事業者としては初となる海外直営事業として、都市型水族館「Xpark」を開業した日なんだ。

2020年8月にオープンした「Xpark」

「Healing Jellyfish 四季の万華鏡」は、四季の自然をテーマにした映像と音楽、そしてフワフワ漂うクラゲに癒される360度圧倒的没入空間。まるで万華鏡の中に入ったような体験が味わえます

 台湾には日本のような都市型水族館がなかったので、「Xpark」はオープン以来、大盛況なんだって。ひょうちゃんも行ってみたいと思っているよ。

 ひょうちゃんも台北駅店の開業に合わせて、台湾に行ったんだよ!!

台北駅店へやって来たひょうちゃん

 とてもとても暑い日だったことを昨日のことのように覚えているよ。

 そんな横浜の企業同士のコラボレーション企画として、「横浜・八景島シーパラダイス×崎陽軒 ノリノリお絵かき シーウマイ弁当」1000円(税込)を2021年8月1日(日)~8月31日(火)の期間・数量限定で横浜・八景島シーパラダイス カーニバルハウス内で販売することになったよ。

 「シーウマイ弁当」という名前は、横浜・八景島シーパラダイスの「シー」と崎陽軒の「シウマイ」をもじって付けたんだ。

「横浜・八景島シーパラダイス×崎陽軒 ノリノリお絵かき シーウマイ弁当」。掛け紙にひょうちゃんとシーパラシー太くんがデザインされているのがポイント

 お弁当の中には、「台湾崎陽軒・Xpark開業1周年記念ひょうちゃん全7種」のうち一つがもれなく入るよ。全7種はこちら。

左から:サバヒー(Xprakデザイン)、コツメカワウソ、シーパラシー太くん、シロイルカ、チンアナゴ、ペンギン、キイロハギ

 シーパラやXparkの海の生きものたちがデザインされているので、何が入っていてもこの夏の思い出になること間違いなしだね!! 

 「サバヒー」って魚を知ってるかな? 台湾ではおなじみの魚で、「Xpark」でも人気があるんだよ。

福爾摩沙「台湾大水槽」。「Xpark」で一番大きな水槽で、日本と同じ島国である台湾の豊潤な海を再現。「サバヒー」もこの水槽で暮らしています

 ちなみに、ひょうちゃんは、お友だちのシーパラシー太くんデザインがお気に入りなんだ。

シーパラシー太くん

シーパラシー太くんデザインのひょうちゃんしょう油入れ

 ひょうちゃん、台湾と横浜を横断する企画で日本と台湾の懸け橋になりたいと思って、みんなが楽しめる企画を実施してよいか、シーパラシー太くんにも協力してもらって会社に直談判をしてみたんだ。タフな交渉になったんだけど、2つの企画について見事OKをもらえたよ。

 では、その企画を紹介するね。

①当たりの“ひょうちゃん”が出たら「Xpark」の招待券に!

 お弁当に入っている「ひょうちゃんのしょう油入れ」が、「Xpark」で人気の魚・サバヒーがデザインされている「Xparkひょうちゃん」ならば大当たり! このしょう油入れが「Xpark」の招待券になるよ。目印は白いキャップ。ひょうちゃんのしょう油入れと白いキャップの両方を「Xpark」に持って行ってね。

↑これが「当たり」のひょうちゃん(しょう油入れ)。ほかのひょうちゃんとキャップの色が違います!

 「Xpark」招待券の有効期間は、日台渡航解禁後で、株式会社横浜八景島指定の期間です。具体的な有効期限については、渡航解禁後に、ウェブサイトやSNSなどできちんとお知らせするので、当たった人はチェックしてね!

②お絵かきコンテスト開催!

 お弁当の名前に「ノリノリお絵かき」とあるように、中に入っている「のりの佃煮」を使って、ひょうたん型のごはんをキャンバス(?)に、自由にお絵かきできるんだ。ひょうちゃんやシーパラシー太くんの似顔絵を描いたら、その力作を応募しよう。「横浜八景島賞」や「ひょうちゃん賞」として素敵な賞品がもらえるかも!!

 応募方法は、「横浜LOVEWalker」(https://lovewalker.jp/yokohama/)公式twitter(@YKHM_LOVEWalker)をフォローして、「#シーウマイ弁当」で画像をアップ! 締め切りは8/31(火)。ぜひ、投稿してね。

 コンテストの結果は、またこの連載で発表する予定だよ。

 ひょうちゃんもシーパラシー太くんも、みんなに「台湾崎陽軒」と「Xpark」のことを知ってもらいたいのと同じくらいに台湾の人にも横浜に遊びにきてもらいたいと思っているんだ。

 だから、もう一つ企画していることがあって、このお弁当を台湾でも売りたいんだ。今は難しくても、日本と台湾の人的往来が再開されたタイミングで。

 まだ、未定だけど頑張るから応援してね。

【Xpark】

 横浜八景島が日本の水族館事業者としては初となる海外直営事業として、2020年8月7日に台湾に新規開業した都市型水族館。台湾ならではの生きもの展示やここだけの環境演出もある。さらに館内音楽は久石譲さん作曲、日本のカフェ「PRONTO」とコラボしたカフェレストランなど、ここでしかできない体験が盛りだくさん。

アクセス情報:高速鐡道(新幹線)台北駅→桃園駅(約20分)→徒歩約9分。または桃園MRT(地下鉄)桃園空港第1ターミナル駅→高鐵桃園駅(約20分)→徒歩約9分

【台湾崎陽軒】

 2020年8月7日にオープンした崎陽軒の海外1号店。「シウマイ」や「シウマイ弁当」を扱うほか、台湾崎陽軒限定の「台湾ひょうちゃんしょう油入れ」や「限定商品」も扱う。

アクセス情報:台北駅(台鐵)改札外1F広場北側

 文/ひょうちゃん

「ひょうちゃん」は崎陽軒の公式キャラクター。横浜をこよなく愛す、昭和30年1月8日生まれの66歳。現在は、崎陽軒の『取締役広報部長』を務めています。笑顔の裏に、中身がしょう油だけに腹黒いとの噂も…。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう