週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

Rangchu選手、PINYA選手、GEN選手と代表取締役の高橋 大輔氏にインタビュー

世界を目指すeスポーツチーム「DONUTS USG」に所属する『鉄拳7』部門の選手に聞く、マウスコンピューターのディスプレー&ゲーミングPCの魅力

DONUTS USGの『鉄拳7』部門のRangchu選手、PINYA選手、GEN選手と、DONUTS USG 代表取締役の高橋 大輔氏に、提供機材のG-Tuneのゲーミングデスクトップとiiyamaディスプレーの使い勝手をインタビュー

 マウスコンピューターは、eスポーツの取り組みも積極的に行なっており、スポンサードしているプロゲーミングチームや、eスポーツ大会にG-Tuneのゲーミングデスクトップパソコンやiiyamaディスプレーなどの機材提供を実施している。

 格闘ゲーム『鉄拳7』を始め、『レインボーシックス シージ』や『Apex Legends』などのFPS部門、ストリーマー部門などを擁する「DONUTS USG」も、同社がスポンサードしているプロゲーミングチームの1つ。スポンサードの取り組みの一環として、G-Tuneのゲーミングパソコンや同社のディスプレーブランド「iiyama」のゲーミングディスプレーや配信用ディスプレーなどを提供している。

 今回、DONUTS USGの『鉄拳7』部門の選手であるRangchu選手、PINYA選手、GEN選手と、DONUTS USG 代表取締役の高橋 大輔氏に、提供機材であるマウスコンピューターのディスプレーとゲーミングパソコンについて、使い勝手や使用感などを聞くことができたので、紹介したい。『鉄拳7』を中心としたゲームプレイに使用するディスプレーやゲーミングパソコンなどを探している人は、ぜひ参考にしてみてほしい。

Rangchu選手。使用キャラはパンダやジュリア・チャンなど

PINYA選手。ここ3年ほどはマスターレイヴンのみを使用しているとのこと

GEN選手。使用キャラクターはファーカムラム

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう