週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

3分動画で紹介:

ARによる展示会を可能にするバーチャルフィギュア「HoloModels」

2021年07月26日 07時00分更新

 ベンチャー、スタートアップのサービス、事業の魅力を3分間の動画でお届けするASCII STARTUP ライトニングトーク。今回は、バーチャルフィギュア「HoloModels」の応用や、バーチャルイベントプラットフォームなどを展開するGugenka。

 プレゼンしてくれたのは、Gugenka代表取締役CEOの三上 昌史氏。サービス内容は動画をご覧ください。

 Gugenkaは、ARやVRのサービスを展開。デジタルフィギュアのHoloModelsは、ARによる展示会を開催可能としている。またNTTと共同で、VRプラットフォーム「DOOR」を手がけているほか、VRのソーシャルプラットフォーム「VRChat」の正式なパートナーを務めている。

■関連サイト

“ASCII STARTUP ライトニングトーク”は、3分程度の制限時間内でのベンチャー・スタートアップ企業の代表による自社サービスのプレゼンテーション動画です。撮影はASCII STARTUPのFacebookページで、募集しております。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう