週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

WWDCで発表「iPhoneのオーディオ機能」や「AirPodsの進化」がすごかった!

2021年06月09日 12時00分更新

WWDC 21で発表されたAirPodsシリーズにも関連する秋の大型アップデートをまとめてみましょう

 アップルの年次開発者会議「WWDC 21」が現地時間6月7日に開幕しました。秋の訪れとともに正式リリースを迎えるアップルの新OSに関連する話題が山盛りで、昨晩からワクワクが止まりません。視線の先がちょっとオーディオ・ビジュアル寄りに向いてしまいますが、筆者が気になった新OSのハイライトをピックアップしてみたいと思います。

FaceTimeが「いちばん音の良いビデオ会議アプリ」になる?

 iOSにiPadOS、macOSに標準インストールされているビデオコミュニケーションアプリ「FaceTime」の進化がすごそうです。秋に予定する次期OSへのアップデートではFaceTimeアプリもアップル独自の音場感を豊かにする「空間オーディオ」に対応するそうです。ビデオ通話によるコミュニケーションは音質が悪く、相手の声が聴き取りづらいと意外にストレスが溜まるもの。空間オーディオの開放的なサウンドに包まれるようなビデオ会議のリアリティが一体どんなものなのか、早く体験したいです。

 そしてiPhoneなどデバイスに内蔵されているマイクの指向性を制御して、同時に機械学習のアルゴリズムにより背景の環境音を消す「ボイスアイソレーション」により、話者の声だけが聞こえるビデオ通話が実現されます。WWDCの基調講演ではでっかい掃除機を“オン”の状態で近づいてくる、ちょっと気の利かないお子さんが背後からにじり寄ってくるデモンストレーションが紹介されていました。

ビデオ会議中に我が子が掃除機を持ってやってきても、FaceTimeの「ボイスアイソレーション」機能があれば話者の声をクリアに伝えられます

 後ろで掃除機かけてるのに「話者の声しか聞こえない!」これって本当でしょうか? 最近筆者も昼間のビデオミーティング中に選挙カーがやってくる問題に悩んでいたので、この機能だけでも早めにローンチしてもらいたいです。そしてサードパーティのビデオ通話アプリも頑張ってFaceTimeの新機能を追従してくれないものか。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう