週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

世界観や登場キャラクターなどゲームの基本をチェック!

LIVE×GAME!コロプラの新ジャンルアプリ『ユージェネ』の魅力とは?

2021年05月28日 11時00分更新


本記事は「週刊アスキー秋葉原版6月号」からの転載です。


キミと彼女がゆるくつながることで世界を救う! 新時代の“ゼロ距離エンターテインメント”『ユージェネ』の魅力に急接近!

●コロプラ
●Live Playing Game(LPG)
●配信中
●iOS/Android
●基本プレイ無料(アイテム課金あり)
スペック:Android 9.0以降/iOS 13.1以降(iPhone、iPad、iPad touch)
※AR非対応機種は一部インストールに制限あり。

日本全国を冒険しながら生ライブを楽しもう!

 コロプラが贈るLIVEとGAMEが融合したスマートフォンアプリ「ユージェネ」。本作は、ARをはじめ最先端の技術を駆使した「生配信」と、「オープンワールドでの冒険」の2つを楽しめる。そんな本作の魅力をチェックしていこう。

Prologue

ようこそ#ワールドへ! つながるほど世界は救われる!

世界は、つながる。この現実世界とは違うどこかに、数え切れないほどの「#世界」が存在している。
だが、その#世界は未曾有の危機に直面していた。どこからか現れた謎の侵略者「アイズ」。目玉のような形貌の侵略者アイズは、#世界のあらゆるモノに取り憑き、その存在を奪っていく。
――今、一面煌びやかな星と砂漠の世界を歩く、3人の少女たちがいる。
彼女たちは、謎の科学者「クレイ」によって別々の#世界から集められた「アスタリスタ」と呼ばれる存在。砂漠の世界の果てで、3人は愛嬌のあるロボット「ロイド」を見つけた。
少女たちとロイドの力があわされば、きっと――
かくして始まる、少女たちとの冒険劇! LIVE×GAMEが魅せる新たな時代とは?
今始まるゼロ距離エンターテインメント。つながる想いの先に、希望が待っている……!

瀬戸さくら
 日本と酷似した“#世界”の住人で、現役女子高生。真面目な性格で、ストーリーでは世界のことを思うあまり、無茶な行動をすることもある

アニャ
 狐のような耳と尻尾を持つ、お姉さんキャラのアスタリスタ。しっかり者で面倒見が良く、3人のヒロインの中のまとめ役でもある

田中・コズミック・天(そら)
 頭からツノが生えている女の子。科学技術の発達した“#世界”からやってきた。会話の最後に「~だし!」とつける口癖を持つ。天然キャラ

クレイ
cv:三石琴乃
 “シートリア”という組織に所属する研究員。幼い見た目とは裏腹に、アスタリスタたちをまとめる知的で頼れる存在だ。“#世界”の謎を握る

ロイド
 プレイヤーの分身となるロボット。ボディーなどのカスタマイズが可能で、付けたパーツによって移動速度が上がったり、海上を進めたりする

ロイドのカスタマイズも可能!

ロイドのカスタム画面。パーツの付け替えのほか、本体のカラーも変えられる

GAME
オープンワールドの日本をRPG感覚で冒険

 オープンワールドで再現されたマップで、主人公のロイドを操作して探索するゲームパート。イベントの発生地点に向かったり、敵であるアイズと戦ったり、アイテムをゲットしたり、散歩気分で冒険できる!

日本の地形を再現したマップを進む!

実際の日本の地形を反映したマップ画面。スタミナがある分だけ行動できる

バトルはシューティングで展開!

アイズとの戦闘はシューティング。敵の周囲を動き回る弱点のクリスタルを狙い撃て!

LIVE
アスタリスタたちの生配信に参加!

 アスタリスタが生配信を行なう“#LIVE”。ライブに参加すると、ミニゲームに参加したり、アスタリスタの歌を聴いたりするなど、リアルタイムで彼女たちと交流をはかれる!

ミニゲームや歌唱ライブなど、さまざまな企画が行なわれる。エールを送ったり、コメントを出したりできる

やり込み
コレクションやカスタム要素もアリ!

 アイズが落とすエール(アスタリスタにプレゼントできるグッズ)の収集やマイルームを飾るなど、コレクション&カスタマイズ要素も存在。じっくりと遊び込める。

ゲーム内コインで家具を買い、部屋を自由にアレンジ。アスタリスタが訪ねてきてくれる?

アスキー編集部 編集者/ジサトラ ハッチが語る
テクニカル面から見た「ユージェネ」の魅力!

データとスマホの機能を駆使した作りに脱帽!

 ユージェネのゲームパートのオープンワールド・マップは、Google Cloud PlatformConsoleで管理されるAPIとSDKを組み合わせて利用できるGoogle Maps Platformゲームサービスの地形標高機能を実装。実在する地形の起伏や高低差がオープンワールドに反映されているため、シンプル表示ながらも、よく見る地域を実際に歩いて探索している感覚が得られる。

 また、戦闘はスマートフォンのジャイロ機能を使ったシューティングに、"#LIVE"では外部カメラを使ったAR機能で、自分の部屋をライブ会場にできたりと、スマートフォンのさまざまな機能を駆使している。

(提供:コロプラ)

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう