週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

試飲用の「山崎」も届きます

ウイスキー「山崎」の蒸溜所をオンライン見学!現地に行った気分になれる

2021年02月17日 19時45分更新

文● ナベコ 編集●ASCII

 ヒパヒパ、アスキーのナベコです。お酒が好きで、日々の楽しみといったら夜ごとの晩酌。グラスの中の氷を見つめては自由になったらどこに行きたいかと思いを馳せる。そう、例えば、酒蔵やウイスキー蒸溜所の見学もいいな。お酒が作られたその場所で飲むのはまた格別。

 ウイスキー蒸溜所の見学、家にいながらできます。

サントリースピリッツ「リモート蒸溜所ツアー」

 サントリースピリッツは、サントリー山崎蒸溜所、白州蒸溜所の見学を自宅などからでも体感できる「リモート蒸溜所ツアー オンライン・ライブ」を2月6日から開催しています。

 山崎蒸溜所、白州蒸溜所では本来は現地施設での見学サービスを実施していたものの、新型コロナウイルスの影響を鑑み、工場見学およびすべての見学施設をお休み中。そこで、オンラインでも蒸溜所見学を体感できるサービスをスタート。

 ウイスキー蒸溜所の見学はしばらく行けないものと思っていた私はこれに飛びつきました。ウイスキー「山崎」は、かつてまだお酒があまりわからない時に飲んで、フルーティーなおいしさに感激しました。いつか蒸溜所に行きたいと思っていたのでいい機会です。

 ということで「山崎蒸溜所オンライン・ライブ」のメディア向き体験館に参加しました。

 事前予約制で有料です。「シングルモルトウイスキー山崎(180ml)」一本と「山崎ロゴ入り特別テイスティンググラス」がセミナー用ツールとして届きます。参加費は、ツールを含めた代金で3000円(税抜)。所要時間は約60分です。

セミナーツールとして「シングルモルトウイスキー山崎(180ml)」「山崎ロゴ入り特別テイスティンググラス」が届きます。

山崎ロゴ入り特別テイスティンググラスは記念になりますね。非売品。

オンライン・ライブに参加するための準備や注意が書かれた案内。

テイスティングメモを残せる用紙も。

 本来はオンライン・ライブのキャプチャーを使用することはNGですが、この時はメディア向け体験会であるため、特別にキャプチャーの公開もオーケーとのことでした。

「Zoom」のビデオウェビナーにて実施。

 多少、画像があらいですが実際にオンライン・ライブをパソコンから体験した時のキャプチャーです。

ナビゲーターさんがリアルタイムでアテンドしてくれます。

京都の南西、天王山の麓にある山崎蒸溜所。

 緑が深い場所にある山崎蒸溜所を訪れる映像からはじまり、京都の南西、天王山の麓にある山崎の土地へと誘われます。

操業開始当時の蒸溜窯だそうです。

敷地内にある鳥井信治郎と佐治敬三の像。

 質問ツールを通してナビゲーターさんが参加者にアンケートやクイズを投げてくれるため、映像をただ見ているだけではなくちゃんと「参加している」という感覚です。チャットで質問やコメントを出せるのでナビゲーターさんとやり取りができます。

アンケートやクイズを出してくれます。

 他の参加者のチャットも見られて、リモートながら他の参加者と同じライブを体験している一体感が持てました。

仕込室に入ると、麦の甘い香りが漂うとか。

チャットツールで質問もできます。

木桶発酵槽の中で発酵する様子。

ポットスチル。

貯蔵庫です。壮観ですね。

もっとも古いウイスキー樽。

 お楽しみの試飲タイム。

 「試飲といっても家で飲むのだったら代わり映えしない……」ということはありません。自分の好きなように飲むのとは違って、ナビゲーターさんの案内のもと、「ブレンダーの気分でのテイスティング」を体験できます。

 ブレンダーは、色、香り、味わいと注意深くウイスキーをテイスティングします。実際にブレンダーがしているウイスキーのテイスティングの手順を教われます。

 最後に、おいしいハイボールの作り方も教えてもらいました。ハイボールを自分で作るのはやや手間という意識がありましたが、作ってみようという気持ちに。

オンライン見学ならではの気軽さも魅力

 家にいながら、まるで山崎蒸溜所に本当に行ったかのような気分を味わえるオンライン・ライブ。1時間でウイスキー作りの知識や、山崎のこだわりのレクチャーがギュッと詰まっているので、ウイスキー好きであればとてもよい勉強になるでしょう。リアルで蒸溜所を訪れるのとでは異なる経験ではありますが、本来は現地に足を運ばなくてはいけないところ短時間でサクッと参加できる気軽さも利点です。

 参加費は3000円(税別)。「シングルモルトウイスキー山崎(180ml)」一本と「山崎ロゴ入り特別テイスティンググラス」がもらえるので、ライブの参加料自体はそこまで高くないように思えます。

 今回は山崎蒸溜所のオンライン・ライブを紹介しましたが、白州蒸溜所でもオンライン・ライブを開催しています。いずれも事前予約制でコチラのサイト(https://www.suntory.co.jp/factory/distillery/remote/)から予約できます。

 現在、2月・3月開催のオンライン・ライブの日程を公開中。……ですが、山崎蒸溜所のオンライン・ライブに関しては公開されているすべての日程がソールドアウト、完売です!

 白州のほうはまだ若干飽きがあるようなので、気になる人は急いでチェックしてください(2月17日現在)。

 やはり、山崎蒸溜所のオンライン体験会は人気なんですね……。日程こそ公開されていませんが、山崎、白州の蒸溜所オンライン・ライブは今後も継続する見込みだそうですので、4月以降の実施にも期待しましょう。

※2月18日追記 4月以降のオンライン・ライブについて補足です。山崎蒸溜所、白州蒸溜所のオンライン・ライブは毎月第1営業日10時から翌月の予約が受付スタートします。ですので、4月の予約ができるのは3月のアタマから。ぜひそのタイミングでチェックしてみましょう。

 なお、山崎、白州蒸溜所では無料のオンライン見学コンテンツも用意しています。VR技術を使った「360°フリーツアー」のコンテンツが公開中。バーチャルリアリティ技術で、山崎蒸溜所ウイスキー館、白州蒸溜所ウイスキー博物館(一部)の空間を自由に、いつでも見学できます。「360°フリーツアー」もコチラのサイト(https://www.suntory.co.jp/factory/distillery/remote/)から見られます。

一部訂正しました。(2月18日)

ナベコ

酒好きライター、編集者。カンパイからすべてが始まるはず。「TVチャンピオン極~KIWAMI~ せんべろ女王決定戦」に出演するなど酒活動しつつ食トレンドを追っています。♪アスキーグルメでおいしい情報配信中♪

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう