週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

510馬力FRセダンに驚愕! この素晴らしい四葉のアルファ ロメオ・ジュリアに祝福を

2021年01月23日 12時00分更新

アルファ ロメオ/ジュリア・クアドリフォリオ(1174万円)

 アルファ ロメオ。クルマ好きなら一度は気になるブランドです。アルファ ロメオには不思議な魔力があり、その毒牙に触れてしまうと、無意識にひいき目で見てしまい、気づけばアルフィスタに。私もその一人です。そして今回紹介するジュリア・クアドリフォリオにも心底惚れてしまいました。

アルファ ロメオにおける
ジュリアの立ち位置とは

アルファ ロメオ/ジュリエッタ

 アルファ ロメオに触れたのは、今回を含めて3回目。最初はCセグメントの5ドアハッチバックである「ジュリエッタ」。FFで240馬力というスペックは、ニュルブルクリンク最速をうたうモデルたちと比べると見劣りするもの。あまり期待せずに試乗してみたら、それらのクルマにはなかった楽しさがいっぱい。予想以上のラグジュアリーな室内にも満足し、お気に入り登録しました。

アルファ ロメオ/4Cスパイダー・イタリア

 次に試乗したのが、ライトウェイトスポーツカーの「4C スパイダー イタリア」。アルファ ロメオ初のミッドシップ車でした。サスペンションが壊れているのかと思うほどの足と、パワステすらないド硬派の1台で、日常使いにはゴメンナサイですが「やっぱりアルファ ロメオは凄い」と感嘆したのでした。

アルファ ロメオ/ジュリア・クアドリフォリオのフロントマスク

アルファ ロメオ/ジュリア・クアドリフォリオのサイドビュー

アルファ ロメオ/ジュリア・クアドリフォリオのリア

 今回レビューするジュリアは、同社としては最新のプラットフォームを採用したモデル。ボディーサイズは、全長4635×全幅1865×全高1435mmで、Dセグメントに属するセダンです。同社としては約半世紀ぶりとなるFRモデルとして、2017年に日本上陸をはたしました。ジュリアには、2リットル直4ターボエンジン搭載の「ヴェローチェ」(280馬力仕様)と「スプリント」(200馬力仕様)、その4輪駆動モデルである「Q4 ヴェローチェ」、そしてディーゼルエンジン搭載の「ディーゼル スーパー」という4モデルがラインアップされています。「クアドリフォリオ」は、これらの上位に位置するモデルで、BMWならM3、メルセデスならAMGのC63に該当するハイパフォーマンスのスポーツセダンです。

ボディーサイドに付けられたクアドリフォリオのエンブレム

 クアドリフォリオとは、イタリア語で四葉のクローバーという意味。一見「クローバーだなんて可愛い!」と思いきや、とんでもない。この四葉のクローバーは、幸運のモチーフとして1923年のレースカーに描かれたのが最初。以来、同社のフラグシップグレードには、四葉クローバーのエンブレムと名前が与えられてきました。クローバーマークが付いたアルファ ロメオは、最高の称号なのです。

エンジンフードはカーボン製! 軽量でありながら強度はしっかり確保されている。ただ、普通のボンネットのように閉じると割れそうなので、そこは注意が必要

2.9リットルV型6気筒ターボエンジン、大型のインテークダクトが物々しい

気筒停止機構やアイドリングストップも備えたV6ユニット。その最高出力は510馬力、最大トルクも600Nm(61.2kgf)を誇る

 ジュリア・クアドリフォリオには、最高出力510馬力/最大トルク600Nmを発する2900ccのV型6気筒ターボエンジンが与えられました。アルファ ロメオは過去多くのV6エンジンを搭載した名車が登場しているのは、クルマ好きなら誰もが知るところ。そしてそのV6エンジンは極上のフィールであることも……。今回のジュリア・クアドリフォリオは生まれながらにして名車であることを義務付けられているといいますか、期待するなと言う方が無理でしょう。

フロントバンパー下に設けられたカーボン製リップスポイラー

サイドスカートにもカーボン製パーツがおごられている

一見わからないが、ルーフもカーボン製だ

エアダクトが設けられているボンネットもカーボン製

リアのリップスポイラーもカーボン製だ

 エクステリアには、数多くの専用カーボンパーツがおごられています。フロントバンパー下のリップスポイラー、サイドスカート、リアリップは言うに及ばず、なんとボンネットとルーフまでカーボンというから驚き! 大抵はカーボン地のままにするところ、ボディーと同じカラーリングにしたところに、アルファ ロメオのセンスを感じずにはいられません。

リアバンパーはクアドリフォリオ専用設計。大型のディフューザーが目を惹く

 専用設計のリアバンパーは、ディフューザーが大きく迫力満点。マフラーは左右の4本出しで、通常はとてもジェントルな音を奏でます。ちなみにバンパーはかなり低い位置にあるため、駐車時の石突きに注意した方がよいでしょう。

フロントタイヤ。専用ホイールのサイズは19インチで、タイヤは245/35とかなり扁平

リアタイヤ。こちらもホイールは19インチで、285/30のタイヤを履く

 510馬力を受け止めるタイヤはピレリのP-ZERO。ホイールも専用品で、アルファらしいデザインに、ときめく心を抑えられません。ブレーキシステムはクアドリフォリオのみに与えられた対向キャリパーとドリルドローターの組み合わせ。ドリルドローターは見た目だけでなく、ブレーキ時に「シャー」っという音がするのですが、それがスポーツ心を一層刺激するのです。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう