週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

欧州No.1コンパクトカー「新型ルーテシア」が日本上陸! その走りはスポーツグレードだ!

2021年01月17日 12時00分更新

一番ヨーロッパで売れてるルーテシアを試乗!

 日本ではちょっと考えられないかもしれませんが、ヨーロッパで一番売れているBセグメント車(コンパクトカー)は、ルノーのルーテシア(本国名クリオ)です。1990年に登場したルーテシアの総累計台数は、なんと1500万台! 世界で一番売れたフランス車でもあります。その新型ルーテシアが遂に日本に上陸! 早速試乗してきました!

ルノー・ルーテシア(試乗はINTENS Tech Pack/276万9000円)

 第5世代となるルーテシア。昨年の東京モーターショーでジャパンプレミアをはたしました。あれから1年かけて日本市場に投入されたことになります。

ルノー・ルーテシアのフロントビュー

ルノー・ルーテシアのサイドビュー

ルノー・ルーテシアのフロントマスク。CシェイプのLEDデイライトを採用

 パッと見、先代のルーテシアと何が違うの? と言いたくなるほど、外観の変化が少ないルーテシア。ですが先代から受け継いだパーツは一つもないというから驚き。完全新規設計なのだとか。ボディーは、曲線を重視した官能的なデザインに、メガーヌを彷彿させる直線的要素を加味した躍動的なデザイン。近年のルノー車ではおなじみとなっているCシェイプのデイライトもしっかり入っています。

リアゲートを開けたところ。開口部は広く使い勝手がよい

ルーテシアのラゲッジスペース

ラゲッジスペースは2段型になっている

 全長は先代より20mm短縮。でありながら、ホイールベースは競合他社より長いのがポイント。つまり室内が広いということです。荷室は330リットルから391リットルへと増量。輸入車Bセグのクラストップになりました。

 実はルーテシアのプラットフォームは、ルノー・日産・三菱アライアンスで作られた新設計「CMF-B」が採用されているのです。CMF-Bはルーテシアで初採用され、今後日本市場に投入予定の同社新型SUV「キャプチャー」のほか、日産「ノート」にも使われます。

 このプラットフォームにより、全体で50kg軽量化されていながら、従来以上の剛性を確保。さらに底面の凹凸を減らしたことで、空力特性がよくなっているそう。サスペンションはフロント/マクファーションストラット、リア/トーションビームという組み合わせ。

ルーテシアが搭載するTce130型エンジン。1.2リットル直列4気筒ターボのユニットで、出力はクラストップの131馬力/240Nmを発する

 エンジンは、従来の1.2リットルターボチャージャー付き直列4気筒のTce120(120馬力)からパワーアップした、Tce130型。排気量などは従来のTce120と同様ですが、馬力は131馬力へと増加、さらに240Nmの最大トルクも1600回転から立ち上がるという驚きのパワーユニットです。開発は、ルノー・日産・三菱アライアンスとダイムラーの共同によるもので、NISSAN GT-Rのエンジンにも使われたミラーボアコーティング技術が用いられています。これは内部の摩擦を減らし、熱伝導を高めることで効率を改善に寄与。結果、燃費はリッター17.0km/L(WLTC)という環境性能と240Nmと標準的なCセグメント車を凌ぐ出力の両立を達成したとのこと。既にメルセデスのAクラスにも搭載されており、信頼性は折り紙付き。そのようなエンジンをルノーはBセグメントに搭載したのです。

 ミッションはゲトラグ製7速DCTを採用。ゲトラグ製DCTは、ニュルFF最速を謳うメガーヌR.S.にも搭載されています(注:ニュルのタイムアタックをしたのは6MT搭載車)。これは期待するな、という方が無理というものでしょう。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう