週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

歴代ロードスター一気乗り 第2回

リトラクタブルが廃止になるも運動性能がアップしたNB型ロードスター

2020年12月30日 12時00分更新

文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) モデル●美環(@puritendon) 編集●ASCII

エンジンスペックはほぼ変わらず
内装が少しだけ豪華になった

NB型ロードスターのボンネットを開けてエンジンをチェック

 それではボンネットを開けて、エンジンを見ましょう。「タワーバーは当時マツダスピード標準装備装備(RS、10周年記念車)ですね」と早速杉山さんは説明。その話を聞いた近くのオジサン連中は「タワーバーを入れるのはチューンの基本だよねぇ」「まずはボディー補強をしてからですよね」と、取材そっちのけで勝手に盛り上がります。

エンジンを縦置きフロントミッドシップにマウント

 「エンジンは排気量1600ccの直4のほか、1800ccの直4の2種類をラインアップしていました。NA型の後期に1600ccはなかったですから、ラインアップに復活したということになります。気になる最高出力ですが、1600ccが125馬力、1800ccが145馬力とほぼ同じです」と杉山さんは解説。「エンジンのマウント方法は、NA型でもお話しましたが、縦置きのフロントミッドシップになりますね」という重要なことも忘れてはいません。

後方をチェックする美環さん

トランクを開けて収納をチェック

トランクの床面はNA型と異なりフラット。容積も増えている

 後方に回る美環さん。やることはひとつ、ラゲッジスペースの容積確認です。「NAに比べて広く、底が平面になったみたい。何よりタイヤとかないですね」と感嘆の声をあげる美環さん。「一気に実用性が上がりましたね。これならバッチリです」と気に入ったご様子です。

NB型ロードスターのドアノブ

 それではドアを開けて室内をチェックしましょう。ドアノブはNA型とは異なり、大型化しています。前のタイプですとネイルをしている女性の場合、爪が欠けるというクレームがあったと何かの本で読んだことがあります。

NB型ロードスターに座る美環さん

幌を開け助手席後部から見た眺め

コックピットの内部

運転席側の様子。NB型からエアバッグが取り付けられた

セミバケットシートを採用

幌を開けた状態

センターコンソールの様子。灰皿はNA型に比べて小型化している。後期型になると取り外し式となり、カップホルダーに変更可能だ

アームレスト部を開けると、小物入れとカップホルダーが現れる。ちなみにNA型にはカップホルダーは用意されていなかった

メーターパネル。指針式でわかりやすいものだ。油圧計を中央に備えるのも珍しい

 「今度の車内は真っ黒だー」という美環さん。「パパのロードスターは明るい色合いで、そっちの方が好みかな」とチェックされていきます。「このモデルで注目してもらいたいのはセンターコンソールですね。NA型と違ってカーナビが入る場所をエアコン操作部より上、つまり見やすい位置になったんですよ」と杉山さん。

幌を開ける際は、Aピラー近くのロックを外すだけになった

幌を止めるロック機構

 幌の開け方も変更。リアウインドウをガラス製としたことで、フロントガラス近くのフックを外すだけで簡単に開け閉めができるようになりました。このように「ライトウェイト・オープンスポーツカー」というコンセプトをそのままに、実用性を上げたのがNB型と言えるでしょう。

NB型を運転する美環さん

 「NA型より乗りやすくなっている気がします」という美環さん。「なんかシッカリ感が増えていますね。基本的には前のNA型に似ているのですが、全体的にカチッとしているというのかな。そんな気がします」「大きさはあまり変わらないのかな? 乗っていて不満はないです」との評価。

右に左にクルマを動かす

 オジサンたちも「NB型に乗っちゃうと、NAはクラシックカー感がありますね」「ひと昔前のクルマという感じはしますけれど、今このクルマが新車として出てきても不思議じゃないですね」「クラッチが今度は結構手前でつながりますね」「トルクが細いから、坂道だと大変かもね。でも楽しいなコレ」とニコニコ。ロードスターの凄いところは、こうした人を笑顔にする力を備えているところでしょう。

NB型のオレンジがお気に入りと美環さん

 「自宅のクルマがNB型というのもありますけれど、今のところ、このNB型の方が好みですね」と美環さん。「家はグリーンですけれど、この色はホントに素敵。塗りなおしてくれないかな」などとNB型ロードスターを改めて気に入ったようです。次回は大きく変わったNC型をご紹介します。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう