週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

新型レヴォーグは走りもいいけどたっぷりの収納に驚いた!

2020年11月21日 15時00分更新

静粛性がアップし
運転が苦手でもコンフォートモードで安心

手前が新型レヴォーグ

 新旧レヴォーグの両方に乗りましたが、私でも分かるくらいキャラクターが違いました。どちらが良い悪いということではなく、旧型レヴォーグは「ヤンチャでぐいぐいいくタイプ」、新型レヴォーグは「基本的に優しいが男らしい一面もある」という感じです(結婚するなら、断然新型レヴォーグ!)。それでは、どこが違うか見ていきましょう!

チェックその1
車内の静粛性

 新型レヴォーグの方が静粛性が高いです。だからといって、旧型レヴォーグが「うるさい」というわけではなく、エンジン音やロードノイズなど道路を走っているぞ~という音をより体感できるということです。なので、走っている感覚を楽しみたい人は、旧型レヴォーグの方がオススメです。

チェックその2
運転のしやすさ

 新型レヴォーグの方がステアリングが軽く、カーブを曲がるときにかかる負荷はかなり違います。60㎞/hで走行して思ったので、高速域だともっと感じるかもしれません。ハンドリング性能ですが、新型レヴォーグの方が緩やかなので、運転に慣れていない人も運転しやすいんじゃないでしょうか。旧型レヴォーグは、ハンドルを切ったらスッとついてきてレスポンスも良いのですが、それが故に運転しずらいと思う奥様は多いかも。いずれにせよ、どちらにも良さがあるので自分の好み次第ということになりそうです。

チェックその3
ドライブモードの種類

 旧型レヴォーグにもモード設定はついていましたが、新型レヴォーグには女子に優しいモードが追加されました。新型レヴォーグは「コンフォート」「ノーマル」「スポーツ」「Sport+」と4種類から選べます。スポーティーに走りたい時はスポーツモードを選ぶなど、走行時のキャラクターを気分によってチェンジできます。私のオススメが「コンフォート」モードです。

 このモードにすると、自動でエアコンの送風が緩やかになり、足下は暖かく、顔まわりは涼しく湿度を下げないという設定になるんです。これは良いじゃないか! と、アラサー女子はテンション爆上がり。エアコンの風で肌が乾燥してファンデーションが浮くという現象か起こっていた私にはピッタリです。ちなみに、乗り味もロール角が緩やかになったりと「運転が苦手な奥様」を想定したであろう走りに変わります。

 以上、私が試乗会で体感できたのはここまで。高速道路は走らなかったので、高速域がどんな感じなのかは乗る機会があったらレポートします。

【まとめ】「新型レヴォーグ」は運転を楽しみたい人と
運転に慣れていない人の両方が楽しめる車です。

 個人的に、SUBARUといえば走りが好きな人が乗る車というイメージがありましたが、新型レヴォーグに試乗して印象が変わりました。もちろん、走りを楽しむこともできますが、安全面&運転のしやすさが奥様&彼女が乗るのにピッタリだと思ったからです。1家に1台あると重宝すること間違いなしです!

 驚いたのは、価格が310万2000~409万2000円ということです。決して安くはないですが、機能や装備の面から考えるとコスパはかなり良いと感じます。 

 購入を検討しようと考えている人に、自信をもってオススメできます!

 「SUBARU 新型レヴォーグ」試乗記はYouTube「矢田部明子のガレージライフ」でも公開していますので、よろしければご覧ください。

■関連サイト

筆者紹介:矢田部明子

 中学生の頃、クルマのメカニズムに興味を持ち工業高等専門学校に入学。専門的な知識を学んできました。もちろん、クルマに乗るのも大好きで「ランドクルーザー60→ランドクルーザー76」と乗りついでいます。最近の唯一の癒しは、週末にオフロードに出かけることです!

 クルマのメンテナンスなど工業高等専門学校で学んだ知識と経験を活かして、様々な角度からお役立ち情報をお届けしていきたいと思います。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう