週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

iOS 14で表示される「小さな緑の点」どういう意味?

2020年11月12日 14時00分更新

iOS 14では、アンテナピクトエリアに、グリーン/オレンジの小さな点が表示されることがある

 iOS 14では、アンテナピクトエリアに、グリーン/オレンジの小さな点が表示されることがある。

 これは何を意味しているのだろうか?

 実は、グリーンが「カメラへのアクセス」を、オレンジが「マイクへのアクセス」を意味している。

カメラアプリを起動している状態

 試しに、プリインストールされている「カメラ」アプリを起動してみよう。グリーンの点が表示された。コントロールセンターを開いてみると、カメラが起動していることが示されている。

ボイスメモを開いている場合。オレンジの点が表示され、コントロールセンターにも、マイクが起動していることが示されている

 同じように、プリインストールされている「ボイスメモ」を開いてみると、オレンジの点が表示され、コントロールセンターにも、マイクが起動していることが示されている。

ボイスメモの録音をした状態で、Safariを開いている状態。ボイスメモがバックグラウンドで起動しているので、オレンジの点が表示されたままだ

 グリーン/オレンジの点は、ユーザーが追加したアプリでも、カメラ/マイクへのアクセスがあると、表示される。

プリインストールのアプリだけでなく、カメラ/マイクにアクセスするアプリなら、点が表示される

 たとえば、音楽を探すアプリ「Shazam」は、流れている音楽を認識するため、本体のマイクを利用する。このため、Shazamを起動すると、マイクへのアクセスを示すオレンジの点が表示される。

 InstagramやTikTokなど、投稿のために本体のカメラを立ち上げるタイプのSNSアプリも、グリーンの点が表示される。

 カメラ/マイクへのアクセスが必要なアプリを使用しているなら、これらの表示は気にしなくてもいい。ただ、カメラやマイクを使う必要のない機能を使っているのに、グリーンやオレンジの点が表示されていたら、注意しよう。

 この機能の意図はセキュリティーであり、いま、カメラ/マイクへのアクセスがあるかどうかを、ひと目でユーザーに知らせるものである。勝手にカメラやマイクにアクセスされていないかを知る目安としよう。

 iOS 14は、カメラやマイクへの初回アクセス時、ポップアップでユーザーに使用を知らせるので、それほど心配する必要はないが、ときには注意して見てみるといいだろう。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう