週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

スウェーデン発「JAYS m-Five True Wireless」レビュー

人気の北欧デザイン完全ワイヤレスイヤホンが8000円しかも優秀

2020年10月30日 11時00分更新

デザイン性と機能を両立した完全ワイヤレスイヤホン

 「m-Five True Wireless」を手にしたとき、まず目を惹かれるのがそのデザインだ。前述の通り、スウェーデンのオーディオブランド・JAYSの手によるもの。JAYSは2006年に設立され、デザイン哲学にスウェーデンの伝統を踏襲し、機能とスタイルを調和させた製品作りを進めてきた。テーマは「ミニマリズム」。不要なモノを限りなく排除して、見た目にも機能的にも最善のユーザーエクスペリエンスを実現するのがJAYSのコダワリだ。

 まさにこの「m-Five True Wireless」もそれに沿った製品と言えるだろう。イヤホン本体にしてもケースにしても一切のムダがそぎ落とされている。

 「m-Five True Wireless」は「ブラック」と「グレー」の2色展開。ありがちなホワイトをラインナップしていないのが、まさに北欧らしさなのではないだろうか。兄貴分の「m-Seven True Wireless」とカラー展開はやや異なるが、本体デザインは同一である。

グレーを試用(型番:JS-MFTW-GY)。落ち着いたデザインを探しているなら選択肢に入れるべきだ

フラグシップの「m-Seven True Wireless」(右)と、今回レビューする「m-Five True Wireless」(左)。本体形状とサイズ、質感は上位機種とまったく同じである点にも注目。ケースについても同様だ

 1回の充電で最大4.5時間の連続再生可能。毎日の通勤や通学の往復に加えて少し寄り道するかもね、というような使い方であれば、基本的に充電不要だろう。ケース充電も合わせれば、最大18時間動作するから、ちょっとした旅行のような長距離移動の場合でも充電切れの心配は薄い。

 なおイヤホン本体は、ケース収納後およそ1時間でフル充電される。またケース自体は約1.5時間でフル充電されるから、毎晩スマホの充電ついでにケースも充電するようにしておけば、よもやの充電切れという目には遭わないはず。コロナ禍で在宅勤務が増え、オンライン会議が連続するような場合でも、昼休みやちょっとした小休憩にケース充電することで、1日問題なく使い続けることが可能だろう。

充電ケースに本体を収納した。出し入れもスムーズだ

充電ケースを閉じたところ。凹凸もなくカバンやポケットに収納しても引っかからない

イヤーチップはSMLの3種類。筆者はデフォルトのMがちょうどよい

ケースを充電中。充電ケーブルはUSB Type-C。底面にポートがあるので、ケースを横倒しにする必要があり、ちょっとスタイリッシュさが失われる(笑)

 加えて防滴性能IPX5に対応しているので、雨に降られたときや運動中の汗などにも影響を受けにくい。ちょっとした注意点といえば、対応するBluetoothのコーデックがSBCのみであるということか。主に遅延でAACなどほかのコーデックより弱いとされるSBCではあるが、実際使ってみれば(後ほど詳しくレビューする)それほどには大きな問題ではないと思う。

IPX5相当の防滴機能を備える。つまり、弱めに蛇口から直接流れる水で汗を流し落とせる

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう