週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

約3万円で21:9のディスプレーで防水もおサイフケータイも対応する「Xperia 8 Lite」

2020年10月26日 10時00分更新

 ソニーモバイルのXperiaシリーズというと、「Xperia 1 II」や「Xperia 5 II」のようなハイエンドモデルに注目が集まりがちだが、ミッドレンジやローエンドモデルもラインアップしている。今回紹介する「Xperia 8 Lite」も、実売価格で2万円台後半から3万円台前半で購入できるローエンドモデルとなっている。

 またこの値段で防水とおサイフケータイ対応は、国内メーカーモデルの中ではなかなか珍しい。

販売チャンネルによっては2万円台で購入可能な「Xperia 8 Lite」

 「Xperia 8 Lite」の基本的な仕様は昨年10月に発売された「Xperia 8」とほぼ同じ。差分としては音楽ファイルの再生機能で、圧縮音源をハイレゾ相当の高解像度音源に変換する「DSEE HX」に非対応だけ。そのほかカラーバリエーションはホワイトとブラックの2色のみとなっている。

 Xperia 8は販売がauとUQ mobile、Y!mobileとMNOとサブブランドのみだったのに対し、Xperia 8 LiteはIIJmio、mineo、nuroモバイルといったMVNOが販売チャンネルとなっている。価格はIIJmioが2万9480円、mineoが3万6168円、nuroモバイルが3万2780円(すべて税込)。

 Xperia 8 Liteは、Xperia 8をMVNO用にほんのちょっとだけカスタマイズを施したモデルといった位置づけだ。Liteとネーミングさているが、ベースモデルのXperia 8と比べて特別スペックが落ちていたり、大幅に機能が削除されているわけでなく、軽量化しているわけでもない。

Xperiaシリーズではおなじみのサイドセンスも利用可能

動画を観ながらウェブサイトのチェックなど、画面分割をしても問題なく使える

 ディスプレーは6型(1080×2520ドット)で液晶パネルを搭載している。アスペクト比は21:9で、これはXperia 1以降のソニーモバイル製スマートフォンに共通した縦長のスタイル。シネマスコープの映画などを見るときに画面いっぱいに表示できるのがポイントで、縦位置で使う場合は分割表示をしても十分に情報が表示できるので便利だ。

フロント上部のベゼルだけ幅がある

左右と下部のベゼルは液晶ディスプレーモデルとしてはナロータイプ

マルチウインドウ機能もハイエンドモデルと同じく搭載

 本体サイズは約69×158×8.1mmで、重さは約170g。液晶ディスプレーのため同サイズクラスの有機ELパネル搭載モデルと比べると、サイズの割に重量はあるが、コンパクトなのでグリップしやすく片手での操作性もよい。

片手でグリップして操作しやすいサイズ感

本体背面

本体重量は約170g

 本体右側面には音量ボタンと指紋認証センサーと一体型となっている電源ボタンを配置。本体下部にはType-C、そして本体上部にはイヤホンジャックが用意されている。有線イヤホンが使いたいユーザーにはうれしい仕様だ。

本体右側面中央に、電源ボタンと一体化した指紋認証センサーを搭載

本体下部のUSBポートはType-C

本体上部にはイヤホンジャックを装備

 本体はフレームも含めて樹脂素材が使われている。金属やガラスを使ったハイエンドモデルと比べると高級感はないがチープさもなく、上品な仕上がりとなっている。

SIMはトレー式でピン不要で取り出せる

スペックはミドルレンジで
5Gには対応せず

 SoCはSnapdragon 630で、メモリーは4GB、ストレージは64GBとなっている。ストレージの64GBはmicroSDカード(最大512GB)で対応できるが、メモリーの4GBは心許ないが、2万円台から購入できるモデルと考えればいたしかたのないところ。各種ベンチマークアプリでの計測結果は下記のとおり。ローエンドモデルということで、全体的にはスコアはあまり良くない。

Geekbench 5での計測結果

3DMarkでの計測結果

AnTuTu Benchmarkでの計測結果

 ただし実際に操作した感じでは、動作にもたついたりするようなことはなく、アプリの切り替えやスクロールなどはスムーズ。ウェブサイトの閲覧やテキストのやりとりなどはストレスなくできるので、価格から見れば十分満足できるだろう。

スマートフォン初心者向けのUI「シンプルホーム」も用意されている

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう