週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

楽天の5Gスマホ「Rakuten BIG」の画面内蔵カメラはまだ早すぎたかも!?

2020年10月25日 12時00分更新

文字通り巨大な「Rakuten BIG」
5Gの速度テストも実施!

 楽天モバイルの5Gサービス開始に合わせて発売された「Rakuten BIG」。6.9型の大型ディスプレーにフロントカメラを埋め込んだ世界初のスマートフォンだ。気になるフロントカメラの性能などを試してみた。

楽天から発売になったRakuten BIG

 Rakuten BIGは本体サイズ約80×174×9mm、重量約227gと大型化する最近のスマートフォンの中でも群を抜いてサイズの大きい製品だ。ディスプレーは6.9型(2460×1080ドット)、7型に近い大きは他社品でもなかなかない。指紋認証センサーはディスプレーに内蔵されている。背面は4つのカメラが縦に並び、中央には楽天のロゴが入る。カメラはあまり主張をしないデザインで、これは昨年までのトレンドだ。カメラのでっぱり部分は1mm弱程度。

6.9型ディスプレーを搭載する。解像度は2460×1080ドット

左上にクワッドカメラを搭載、最近のスマホのようにカメラを目立たせたデザインではない

 本体側面は右側に電源ボタンとボリュームボタンを備える。本体下部にはUSB Type-C端子とスピーカーが並ぶ。カードスロットは本品がeSIMのみに対応することから、microSDカードのみが利用できる。カードトレイはnanoSIMが本来乗るところが埋められた形状になっている。これはRakuten BIGがZTEのAXON 20 5Gをベースにしていると推測されており、カードスロット周りの設計を共通化したためだからだろう。

側面に電源と音量ボタン、下部にはType-C端子など

カードスロットはmicroSDのみに対応する

 チップセットはSnapdragon 765Gを搭載、メモリー6GB、ストレージは128GB。バッテリーは4000mAhと比較的大型だ。Geekbech 5のスコアはシングルコアが291、デュアルコアが1030。他社の同等スペックモデルと比べるとやや値は低いようだ。

 5Gのテストは楽天モバイルの5Gエリアがまだ狭く、本体を購入した楽天モバイル二子玉川店で行なった。28GHzのミリ波(バンドn257)を受けて実測300~400Mbpsだった。

Geekbench 5のスコアはやや低くめ

ミリ波の速度は300~400Mbsだった

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう