週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

トリプルカメラで自撮りを楽しめるASUS「ZenFone 7 Pro」はセルフィースマホの決定版!

2020年10月21日 14時00分更新

ZenFone 7/7 Proがついに日本発売決定!

 ASUS JAPANは10月21日、フリップカメラを搭載したAndroidスマートフォン「ZenFone 7」「ZenFone 7 Pro」を発表した。前モデル「ZenFone 6」のフリップカメラはデュアル構成だったが、ZenFone 7/7 Proはトリプル構成にグレードアップ。もちろんプロセッサーも最新チップに刷新されている。

 今回、ASUS JAPANより両製品の実機を借用したので、上位モデルのZenFone 7 Proを中心に実機レビューをお届けしよう。

ASUS JAPAN「ZenFone 7 Pro」 10万9780円

「ROG Phone 3」と同じく
「Snapdragon 865 Plus」を採用

 スペックをおさらいすると、ZenFone 7 ProはOSに「Android 10 with new ASUS ZenUI 7」、ディスプレーは6.67型の有機EL(2400×1080ドット)、SoCにSnapdragon 865 Plus(8コア、最大3.1GHz)を採用。メモリーは8GB、内蔵ストレージは256GBで、バッテリーは5000mAhの大容量を搭載している。

 本体サイズは約77.2×165×9.6mm、重量は235g。本体カラーはPastel WhiteとAurora Blackの2色を用意する。

 ZenFone 7 ProとZenFone 7の違いは、SoC、ストレージ容量、そしてカメラ。ZenFone 7はSoCに「Snapdragon 865」(8コア、最大2.84GHz)を採用し、ストレージは128GBを搭載。また広角カメラと望遠カメラから4軸光学式手ぶれ補正機構が省かれている。夜景を手持ちで撮影したり、12倍デジタルズームで遠くを狙う機会が多いのなら、ZenFone 7 Proを選ぶことをオススメする。

フリップカメラはアウトカメラとしてもフロントカメラとしても利用できる。フリップカメラの耐久テストは、ZenFone 6の2倍の20万回が実施されているとのことだ

ディスプレー対ボディー比率が92%だけに全画面感が強い。今回借用したのはAurora Blackで、光の反射がなんとも艶めかしい

本体上部にはマイク、本体下部にはスピーカー、マイク、USB Type-C端子、LEDインジケーターが配置されている

右側面にはボリュームボタン、電源ボタン、左側面にはSIMカードトレイが配置されている

カメラは左から超広角、広角、望遠カメラの順番に配置。カメラの下にあるのはマイク穴だ

奥からnanoSIMカードスロット1、スロット2、microSDカードスロットと並んでいる

AnTuTu Benchmarkで60万台を大幅に超えるスコアを記録

 処理速度は「ROG Phone 3」と同じく「Snapdragon 865 Plus」を搭載しているだけにトップクラス。バッテリーモードを「ハイパフォーマンス」に設定した状態で、総合ベンチマーク「AnTuTu Benchmark」を実施したところ、「635767」と60万台を大幅に超えるスコアを叩き出した。ディスプレーのリフレッシュレートはROG Phone 3には及ばないものの、ほぼすべての3Dゲームを快適にプレイできるだけの処理性能を備えている。

バッテリーモードはデフォルトでは「スマート」に設定されている

総合ベンチマーク「AnTuTu Benchmark」の総合スコアは「635767」

CPUベンチマーク「Geekbench 5」のMulti-Core Scoreは「3400」

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう