週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

Mi 10T投入でスマホラインナップを急増させるシャオミだが日本投入はどれ?

2020年10月13日 10時00分更新

 9月30日にシャオミから「Mi 10T」シリーズ3機種が発表になりました。これで「Mi 10」の名前を冠する製品は、以下になります。

  • Mi 10シリーズ:Mi 10、Mi 10 Pro、Mi 10 Lite 5G、Mi 10青春版、Mi 10 Ultra
  • Mi 10 Noteシリーズ:Mi 10 Note、Mi 10 Note Pro、Mi 10 Note Lite
  • Mi 10Tシリーズ:Mi 10T、Mi 10T Pro、Mi 10T Lite 5G

 合計11モデルになりました。すべての国ですべてのモデルが出ていないとはいえ、怒涛の新製品攻撃とも言えます。

シャオミの秋冬フラッグシップモデル「Mi 10T Pro」

 シャオミは毎年年初にMiシリーズの最新モデルを出してきましたが、秋冬モデルはファーウェイのMateシリーズやサムスン電子のGalaxy Noteシリーズのように、春夏モデルとは異なるラインナップの投入はしていません。Mi MiXシリーズもありますが、最後に投入されたのは2018年の冬。MiXシリーズは現時点では今後の展開はないようです。

2018年に出たシャオミ初の5Gスマホ「Mi MiX 3 5G」。これを最後にMiXシリーズは出ていない

 Mi 10と名前の付く製品がここまで増えると消費者側も混乱してしまいそうですね。日本ではSIMフリーでMi Note 10 Liteが発売。auからはキャリアモデルとしてMi 10 Lite 5Gが出ています。どちらにもLiteの名前がついていますが、カメラはMi Note 10 Liteのほうが上、Mi 10 Lite 5Gは5Gに対応している点で上位機種と言えます。しかし、まだ5Gが使えるエリアが少ないことを考えると、どちらを選べばいいか悩ましいところでしょう。

Mi 10 Lite 5G。カメラ性能は下位モデルのMi Note 10 Liteが上回る

 昨年を振り返ると、シャオミは2月に「Mi 9」シリーズとして「Mi 9」「Mi 9 SE」を発表、9月に上位モデル「Mi 9 Pro」や「Mi 9 Lite」を投入しています。春夏モデルと秋冬モデルを同じ型番としてリリースしていたのです。特に秋は毎年新型iPhoneが出てきますから、Proモデルを出して対抗しようと考えたのでしょう。しかし「Pro」の名前だけではマイナーチェンジ感は否めません。

 さらに2019年11月にMi Note 10シリーズを発表しています。このあたりは「とにかく売れそうなものを出す」と矢継ぎ早に新製品を送り込んでいったのでしょうが、型番のつけ方・新製品のリリースベースをもうちょっと考えて行なうべきだったのではないかとも感じます。

 最新モデルのMi 10Tシリーズは、Mi 10シリーズよりカメラスペックは若干落ちているものの、その分価格も抑えられています。一方ではカメラ周りの機能を強化、強力なフィルター機能は動画向けのものも用意されており、デュアルビデオなど楽しい機能も加わりました。さらにディスプレーのリフレッシュレートも144Hzと高速になり、ゲームプレイも意識しています。このようにMi 10Tはスペックでアピールする製品ではなく「カメラエクスペリエンス」「美しいディスプレー」を売りにしたスマートフォンなのです。

Mi 10Tのウリはカメラ、特にビデオ機能を高めた

 Mi 10TシリーズはLiteモデルも含め全機種が5G対応です。日本ではシャオミの5GスマートフォンはまだMi 10 Lite 5Gのみ。Mi 10T Lite 5Gはスペックが似通っていますから日本ですぐに出ることはないでしょう。一方、シャオミはフラッグシップモデルをまだ日本で出していません。日本参入から間もなく1年になりますし、そろそろハイスペックなスマートフォンが欲しいところです。

 日本にはすでにMi Note 10で1億800万画素カメラ搭載モデルを出していることから、Mi 10Tではカメラ性能が見劣りします。そうなると同じ1億800万画素カメラを搭載するMi 10T Proあたりが次の日本市場投入モデルと考えることもできるかもしれません。OPPOが日本で存在感を増す中、同じ中国メーカーのシャオミもハイエンドモデルを出してもいいころだと思います。12月には「日本参入1周年記念」として、Mi 10T Proの発売を期待したいですね。

山根博士のオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう