週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

窓ガラスを5Gアンテナにする「WAVEATTOCH」を広島で体験!

2020年09月29日 10時00分更新

日本初の5Gガラスアンテナを試す!

 日本の5Gの普及はまだこれから。4連休中に訪問した広島では駅前(南口)の広い範囲で5Gが使えました。都市によっては5Gの実用性が少しずつ高まっているようです。その広島には日本で初という、窓ガラスに貼り付けできる透明なガラスアンテナ「WAVEATTOCH」(ウェーブアトッチ)が導入されているので実際に見に行きました。

 場所は広島駅北口すぐにある広島テレビ本社ビル。向かいには複合施設「グラノード広島」があり、間の通りには「エキキターレ」という名前が付けられています。

広島駅北口そばにある広島テレビの本社ビル

イベントも開催されるエキキターレ。5Gを試すにももってこいの場所だ

 エキキターレから本社ビルを見ると、3階の窓ガラスになにやら表示が見えます。おなじみのドコモ5Gロゴと共に「日本初 ガラスアンテナ」と表示されています。ここにWAVEATTOCHが設置されているのです。WAVEATTOCHは完全透明ではないものの透過性は高く、窓ガラスの上方を覆うだけなので室内が暗くなることはなさそうです。サイズは843×185mm、重量は2kgと軽量なので既存の窓ガラスに取り付けることも難しくないでしょう。

本社ビル3階の窓に表示が見える

これが日本初の5Gガラスアンテナ「WAVEATTOCH」だ

 このガラスアンテナはドコモとAGCが共同で開発したもの。AGCの旧社名は旭硝子。ガラスをはじめ素材開発の分野で世界的にも有名な企業です。ビルの壁面をアンテナにするというアイディアは景観面や設置場所を選ばないので、優れていますね。WAVEATTOCHは指向性が高く、100~200m先まで電波を飛ばすことができるといいます。

 実際に「Galaxy S20 5G」を使ってテストしました。エキキターレの通り全体で5Gの電波を拾うことができます。NRの周波数は3.7GHz(n78)と4.5GHz(n79)を確認しました。スピードテストアプリでは下り350Mpbs前後、上り100Mbps前後をマーク。ギガビットには届かないものの、このエリアの4Gは下り50Mbps前後しか出ず、5Gの速度はその数倍とかなり快適です。

3.7GHzをつかんでいることを確認

下り速度は350Mbps前後だった

 グラノード広島の2階のテラスがちょうどWAVEATTOCHの向かい側なのでここでもスピードテスト。地表と変わらぬ速度が出ました。窓ガラスをアンテナにできるのならば、都心での5Gエリアを一気に広げることができます。ぜひ他の都市にも導入を広げてほしいものですね。

2階に移動しても速度はほぼ同等

広島駅南口では550Mpbs前後。広島は5Gを試しやすい都市だ

山根博士のオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう