週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

アップル「watchOS 7」パブリックベータ版を公開

2020年08月11日 08時00分更新

watchOS初のパブリックベータ登場

 アップルは8月11日、watchOSとしては初となるパブリックベータ「watchOS 7」の提供を開始した。これまでのデベロッパー向けのバージョンと異なり、Apple Beta Software Programへ登録することで誰でもインストールが可能だ。

 ただし注意が必要な点がある。パブリックベータは、ソフトウェアの問題の特定と品質向上のために提供されるため、正しく機能しない場合があり、メインで使っているApple Watchとは異なるApple Watchで使うことが強く推奨されている(さらに詳しくはApple Beta Software ProgramのFAQページを参照のこと。

 watchOS 7の主な新機能については、発表時の記事を参照していただきたいが(「Apple Watchで「睡眠記録」も可能に、watchOS 7の進化ポイントまとめ」)、「睡眠の記録」「文字盤のカスタマイゼーション機能」などがある。なお、watchOS 7をいち早く試したい場合は、まずiOS 14 パブリックベータをインストールしたiPhoneが必要になる。iPhone、Apple Watchともにメインで利用している端末以外にサブ機を用意できる場合は試してみるといいだろう。

 watchOS 7は、iOS 14以降がインストールされたiPhone 6s以降とペアリングされているApple Watch Series 3、Apple Watch Series 4、Apple Watch Series 5に対して今秋に無料のソフトウェアアップデートとして提供される予定だ。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう