週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

持続的に成⻑する製造業者のためのプラットフォーム

製造業向けマッチングサービス「ファクトリーエージェント」の狙い

2020年08月12日 08時00分更新

記者会見はリモートで実施された

ファクトリーエージェントと浜野製作所が業務提携

 株式会社ファクトリーエージェントと株式会社浜野製作所が、7月21日に業務提携を発表した。

 製造業のマッチングクラウドサービスを展開するファクトリーエージェントは、株式会社ジェイテクトの新規事業として発足し、2020年4月にジェイテクトの100パーセント出資で、ジェイテクトFAとして分社。その後、現在のファクトリーエージェントに名称を変更している。

 浜野製作所は、下請け体質からの脱却をテーマに、新規製品開発時の試作のほか、量産を支援するものづくり総合支援施設「Garage Sumida」事業を2014年から展開。東京だけでなく、全国各地の加工工場のネットワークを活用し、数多くの新規事業をサポートしてきたことで知られる企業だ。

 今回の業務提携は、両社の日本のものづくりへの課題意識が共通していたことに端を発するもので、両社の得意分野を活かしつつ、持続的に成⻑する製造業者のためのプラットフォームづくりを目指す狙いがある。

 浜野製作所の、加工現場の視点による製造依頼先選定のアドバイスと、町工場との連携、ファクトリーエージェントの「製造現場の目利き力」による情報基盤構築が組み合わせ、「日本のものづくりに笑顔を取り戻す」と両社は話す。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう