週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

3分動画で紹介:

第4の畜産“コオロギ”生産の普及を目指す『グリラス』

2020年07月15日 07時00分更新

 ベンチャー、スタートアップのサービス、事業の魅力を3分間の動画でお届けするASCII STARTUP ライトニングトーク。NEDOピッチコラボ特別編として、「アグリ・水産ベンチャー特集」をテーマとした同ピッチで披露された優れた技術を持つ登壇企業を紹介する。

 プレゼンしてくれたのは、グリラス 代表取締役社長を務める岡部 慎司氏。同社の事業説明は動画をご覧ください。

 動画で説明していた『グリラス』は、コオロギを生産する完全循環型たんぱく質生産事業を展開するベンチャーだ。温室効果ガスの排出が少なく、飼育における餌や水の量が少なくて済むコオロギの生産を、養牛、養豚、養鶏に続く第4の畜産として普及させることを目指している。今春には、コオロギパウダーを使った「コオロギせんべい」を、無印良品から発売した。

■関連サイト

“ASCII STARTUP ライトニングトーク”は、3分程度の制限時間内でのベンチャー・スタートアップ企業の代表による自社サービスのプレゼンテーション動画です。撮影はASCII STARTUPのFacebookページで、募集しております。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう