週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ユーザックのRPAツール「Autoジョブ名人」が食肉専門商社のフードリンクに導入

2020年04月14日 16時00分更新

 ユーザックシステムは4月14日、食肉専門商社のフードリンクにRPAツール「Autoジョブ名人」を納入したと発表した。

 Autoジョブ名人は、さまざまなパソコン操作を自動化するRPAツール。同社が10数年間蓄積してきたブラウザー操作の自動化技術を受け継ぎ、WindowsアプリやEXCEL操作なども安定した稼働を実現する。単純な画面操作だけではなく、取引先とのデータ交換など基幹業務に関わるミスが許されない業務、プロセス全体の自動化も実現する。

 フードリンクでは、得意先ごとの独自ウェブサイトから発注データをダウンロードしており、従来は一連の操作を担当者が手作業で行なっていたため誤入力や重複ダウンロードなどのミスが発生していたという。ミスが発生すると、データのリカバリー作業が必要となり情報システム部にとって大きな負担となるが、Autoジョブ名人の導入後は発注データダウンロード操作のミスがなくなり、情報システム部にかかる負担も軽減したという。

 フードリンクではRPAの開発を利用部門ではなく情報システム部門で行なう方針のため、RPAツールの選定においてはコスト面のほか情報システム部門にとってメンテナンスがしやすいかどうかが製品選択の大きなポイントとなり、自動化シナリオの各処理のコメントがしやすい、Autoジョブ名人を選択したとしている。フードリンクでは受注業務を中心に20体のロボットが稼働。今後は、AI-OCRとRPAを組み合わせてファクシミリで送られてくる発注書の処理についてもロボット化を進める予定。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう