週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

無課金でもガッツリプレイできるのがうれしい

「レジェンド・オブ・ルーンテラ」は緻密な頭脳戦と、LoLの世界観に基づいたゲーム性が魅力

2020年05月20日 16時00分更新

ライアットゲームズが手がけるデジタルカードゲーム「レジェンド・オブ・ルーンテラ」

 ライアットゲームズが手がける「レジェンド・オブ・ルーンテラ」(以下、LoR)は、MOBAタイトル「リーグ・オブ・レジェンド」(以下、LoL)の世界観とリンクしたデジタルカードゲームだ。LoLと同様、LoRも基本プレイは無料。LoLのキャラクターたちとの絡みや白熱するカードバトルが無料で楽しめる。5月1日から、パソコンおよびiOS/Androidのプラットフォームで配信中だ。本記事では、LoRの魅力を紹介していきたい。

LoRのルールとラウンドの流れ

ラウンドを進めていき、相手の「ネクサス」(HPを指す)を破壊したら勝利。ボード(盤面)の左側にある結晶体がネクサスだ。LoL経験者ならピンとくるだろう

攻撃できる権利「アタックトークン」を所有するプレイヤーから試合がスタート。剣のマークがアタックトークンだ。ラウンド内で行動を終えると、このアタックトークンは相手プレイヤーへ譲渡されると同時に、次のラウンドがスタートする

 まずは試合の流れとルールから解説しよう。本作は「ラウンド」制となっており、「アタックトークン」を所有したプレイヤーが先攻とし、ラウンドがスタートする。手札からカードを出す、またはパスすると相手プレイヤーのターンに切り替わる。ラウンド内でバトルが完了し、お互いともターンを終えると次のラウンドへ移行し、後攻のプレイヤーにアタックトークンが譲渡されるといった流れだ。

ラウンドのおおまかな流れ

 1回のラウンドごとに両プレイヤーが攻守を入れ替えながら試合を進めていく。わかりやすくいえば野球に近いかもしれない。ラウンドを進めていき、最終的に「ネクサス」(HP)を破壊したプレイヤーが勝利となる。相手のネクサスを破壊するという勝利条件は、本家であるLoLと同様だ。ある意味本作はカードゲーム版LoLといってもいいだろう。

AIを相手にした「チャレンジ」や「対AI戦」をプレイしよう

 デジタルカードゲーム歴浅めの私がプレイした際、本作における試合の流れがやや複雑に感じた。どのタイミングでカードを出せばいいのかわからず、少々戸惑ったものだ。試合の流れを把握するには少し慣れが必要だが、チュートリアルをこなしていけば理解度は深まっていくはずだ。そういうわけで、まずは試合の流れを学ぶところから始めよう。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう