週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

B&W「607」と聞き比べ、音の違いも詳しく紹介

英国ブランドのコンパクトスピーカーを聴く、タンノイ「Platinum B6」

2020年05月01日 15時00分更新

憧れのHiFiオーディオだが、ハードルの高さが難点

 音楽を聴くための道具であるオーディオシステム。今やスマホとBluetoothスピーカーをワイヤレスで接続すれば手軽に音楽が楽しめる時代だが、スピーカーやアンプ、プレーヤーといった単品オーディオコンポを揃えた本格的なオーディオシステムに憧れている人は少なくないはず。しかし、単品のコンポをひとつひとつ吟味して自分の好みに合ったシステムを完成するのは案外難しい。

 例えばスピーカーにしても、日本や海外のメーカーからたくさんのモデルが販売されていて、それぞれの音には違いがある。「オーディオショップで試聴して自分の好みに合ったものを選べば良い」とはいえ、初心者にはハードルが高いかもしれない。人前で自分の好きな楽曲を聴くのが恥ずかしいと感じる人がいるかもしれないし、音の好みや良し悪しがいまいちよくわからないと思う人もいるだろう。

 それで二の足を踏んでしまい、本格的なオーディオシステムを持つことに憧れているだけというのはもったいない話。そこで、この連載では主にコンパクトサイズのスピーカーを中心に取り上げ、そのスピーカーの音の個性をわかりやすく紹介していく。オーディオシステム作りの参考になれば幸いだ。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう