週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

プロの映像クリエイターが「HP Z1 Entry Tower G5」を評価

Mac使い映像クリエイターも大満足のクリエイター向けWindows PC

2020年03月27日 11時00分更新

書き出しやエンコードの待ち時間を減らし、作業効率が上がる「HP Z1 Entry Tower G5」

──普段仕事に使われているのはMacなんですよね。スペックなどを教えていただけますか?

MASATAKA iMac Proの2017年モデルで、プロセッサは18コアのXeon W(2.3GHz)です。メモリーはDDR4で64GB積んでます。GPUは、Radeon Pro Vega 64(16GB)になってます。

──今回試用していただいたのは、「HP Z1 Entry Tower G5パフォーマンスモデル(Core i9-9900K搭載)でした。使ってみた感想を教えてください。

MASATAKA GPUにすごく良いの(NVIDIA GeForce RTX 2070)が乗ってますね。ステージデータをもってきたときのリアルタイム編集がしやすいです。これくらい速いと照明データとかCGキャラクターモーションの後処理や、編集後のチェックもFPSを落とすことなくできるので、作業効率がよかったです。

 CPUが高速なのもポイントですね。Core i9は動画の書き出しに必要なシングルコアの性能が高いので、「Adobe AfterEffects」での動画ファイルの書き出し時間が短くなってうれしいです。

 映像の仕事では、こういったファイルの書き出しやエンコードなど、クリエイティブ以外のところに時間を取られることが多いので、そこを短縮できるのは本当にありがたいです。

 あと、意外にキーボードが打ちやすかったですね。普段はMacを使ってますけど、違和感なく使えましたし。

 USBポートをはじめ、外部出力が豊富なのもよかったです。選択肢がたくさんできていいなって。USB Type-Cにも対応していたり、現況にマッチしていていいと思います。

 一緒にお借りした液晶モニター(HP Z27 4K UHDプロフェッショナル液晶モニター)がまたいいんですよ。左右上下に動かせるのがいい。環境にあわせて位置が調節できるのがすごくいい。土台がしっかりしていて、滑り止めもしっかりして安定性がすごくよかったです。

 映像に限らず、クリエイティブワークにはモニターもとても大事なので、制作用のPCだけじゃなく、モニター選びにもこだわりたいですね。

──逆に、プロ目線で見ての要望などはありますか?

MASATAKA  メモリーの容量ですかね。映像制作あるあるなのですが、メモリーは64GB以上は欲しいかな。でも、ほんとそれくらいです。メモリー容量が多かったら自分でも買いたいくらいです。

映像編集ならオールマイティーにこなせるジェネラリストPC

──ではこのHP Z1、どういう方にオススメできるでしょう?

MASATAKA 映像編集などを手掛ける、すべてのクラスタにオススメしたいです。メモリーを64GB以上に増設すれば、4K対応でもいけそうですし、現状でもフルHDクラスならまったく問題ないでしょう。オールマイティーにこなせる、ジェネラリストPCですね。

 あと、映像の仕事用に使うという意味では、しかりしたサポート(3年保証での翌日オンサイトサポート、オプションで当日オンサイトサポート)が付いているのがいいのではないかと。HP製ということで、品質が担保されているのもいいですね。

Mac使いのクリエイターから見ても魅力的なマシン

 テスターのMASATAKA氏はMac使いの映像クリエイター。普段Macを使っているクリエイターの目から見ても、「HP Z1 Entry Tower G5」は広く様々なクリエイティブワークにおすすめできるという。

 高速なCPUとグラフィックス、多様なインターフェースはもちろん、MASATAKA氏から指摘のあったメモリーに関しても、標準搭載の32GB DDR4メモリーを、さらに大容量なものに換装することも可能だ。今回は実際に試してみてもらうシーンはなかったが、工具を使わずカバーを開閉でき、簡単に内部にアクセスできるメンテナンス性の高さも「HP Z1 Entry Tower G5」の売りのひとつ。

 クリエイティブな仕事に利用するマシンの導入を考えているなら、ぜひ「HP Z1 Entry Tower G5」をおすすめしたい。

HP Z1 Entry Tower G5の価格(税抜)
モデル名 スタンダードモデル
OS Windows 10 Pro (64bit)
CPU インテル®
Core™ i7-9700
メモリー 16GB
ストレージ 256GB SSD
+ 1TB HDD
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 2070
無線LAN/
Bluetooth
あり
定価 16万8000円

[台数限定] HP Z1 Entry Tower G5
新年度応援キャンペーン

【価格】
HP Direct Plus最小構成価格 通常価格19万1000円(税抜)が…
16万8000円~(税抜)

【お得なカスタマイズオプション】
以下モニター製品が、半額にてアップグレード可能となります。
[無償]HP Z23n G2プロフェッショナル液晶モニター (23インチ) キャンペーン価格 +0円
※最小構成・標準バンドル

[特価]HP Z24n G2プロフェッショナル液晶モニター (24インチ)
キャンペーン価格 +2万3000円
(通常価格よりも2万3000円お得)

[特価]HP Z27n G2プロフェッショナル液晶モニター (27インチ)
キャンペーン価格 +3万5000円
(通常価格よりも2万3000円お得)

【限定台数】
300台

 新年度を迎えるクリエーター諸氏に向け、クリエイティブPC環境強化応援キャンペーンを実施中! 300台限定で、「HP Z1 Entry Tower G5」通常、最小構成価格19万1000円(税抜)が16万8000円(税抜)に!

 さらに、お得なカスタマイズオプションも利用可能で、+0円で23インチモニターが追加できる。このオプションモニターは、+2万3000円で24インチモデルに、+3万5000円で27インチモデルに変更可能だ。


[台数限定] HP Z1 Entry Tower G5
VRスターターパック3キャンペーン

 「HP Z1 Entry Tower G5」とHP製VR HMD「HP Reverb Virtual Reality Headset - Pro Edition」がセットで19万8000円(税抜)~になる100台限定セットのキャンぺーンを実施中。

(提供:日本HP)

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう