週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

2020年の半ばにも発売予定

CES 2020たためる有機EL搭載「ThinkPad X1 Fold」に触った

2020年01月09日 13時00分更新

X1の名を持つ、レノボのフォルダブルPC

 世界最大のエレクトロニクスショー「CES 2020」が米国ラスベガスで開催中。

 レノボが、フォルダブル型のPC「ThinkPad X1 Fold」を発表し、会場のひとつであるホテルThe Venetianに展示した。

 このモデルは、1月6日、CES 2020開催前日のインテルの基調講演でも紹介されたもの。

 フレキシブルタイプのOLED(有機EL)ディスプレーを搭載し、中央で折れ曲がる仕様だ。広げた状態では、ディスプレーサイズは13.3型(2048×1536ドット)となる。

触って感じるThinkPadらしさ

 筐体は軽量合金とカーボンファイバーで構成され、革製のフォリオカバーで覆われている仕様。手に持ってみると、「たわみ」の少ない剛性感や、中身がギュッと詰まったソリッドな感触。この点には、これまでのラップトップのThinkPadシリーズらしさも感じられる。

 また折り曲げた状態で下半分にキーボードを設置し、ハードウェアキーボードで使うことも可能。180度に広げて別売りのスタンド「ThinkPad X1 Fold Stand」で自立させた上で、キーボードをワイヤレス接続させての利用もできる。キーボードの品質にこだわってきたレノボらしい仕様だ。

 Windows 10を搭載したモデルは2020年の半ばにも発売される予定。価格は最小構成で2499ドル(27万3000円弱)を見込んでいる。また、デュアルスクリーンのPCに最適化されたOSであるWindows 10Xを搭載するモデルも、Windows 10モデルの後に発売される予定。

●関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう